人の命

人の致死率は100%

人は必ずいつかは死を迎える。それが今日なのか明日なのか、それは誰も分からない。

私自身は幼少期から何度生死を彷徨う病と闘ってきたか。物心つく前には本当に危なかったようである。社会人になっても何度か入院手術を経験しました。腹部には痛々しい傷跡が複数残っています。

人に言わせるとこの無数の傷は「生きている証」「病と闘ってきた証」だそうです。

QOL クオリティ・オブ・ライフ の向上

QOLとは、「Quality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)」の頭文字をとってつくられた言葉である。クオリティオブライフ、つまり「生活の質」もしくは「生命の質」「人生の質」と訳されている。その人の生活や人生の豊かさを示す際の、指標となる概念と言えるだろう。QOLでは、物質的な豊かさだけではなく、精神的な豊かさや満足度も、非常に重要な意味を持つ。

人生の豊かさの向上という意味と理解しています。

私の幼少期に主治医をされた先生に20数年ぶりにお会いした際に言われた言葉「今の時代、病に勝って生きているだけではダメなんだ、QOLを如何に向上させるのかが課題なんだ」と

私自身は前述したとおり多くの病を経験したきました。若かりし頃、自分の身体と向き合い、自分の人生、40歳まで持てば御の字かなと、40歳以降はもっと楽しく生きようと思うようになりました。

少し人生設計から遅れたけれど税務署を辞め税理士を開業、組織に属することなく、多くのしがらみに縛られることなくストレスから解放され自分らしく生きる。

良く娘に言われるのですが「明日、父が死んでしまうかもしれないから、もっと私と絡んで」と。娘が本気で言っているのか冗談で言っているのかは分からないが、その通りである。

明日、死んでも後悔がないような生き方をしたい。

終活にはまだ早い

先日、私の父の終活をしました。正しい終活の定義は知りませんが、父と母の所有する財産の確認、病気になった際の延命治療、葬儀に関してその他諸々。

税理士をしていると相続税の相談を受けることがあります(申告書の作成はしませんが)。亡くなってからだと色々大変なのを経験しているので、父には早めに終活をしようと話をしていました。

実のところ、父と終活の話をしたのは2回目です。前回の終活から10年近く経ち環境も変わり考え方も変わっていました。

私は、もう少し生きたいし、やりたい事もあります。贅沢は言いません、65歳位までは生きられたらいいなと。そして最後に幸せな人生だっと思えるように生きたいです(^^♪

ここ数日、そんな、人の生死を考えさせられる日々が続いています。

私は元気です(^^♪

【編集後記】

昨夜、娘と娘の彼ぴと焼肉に行きました。もう少し会話が弾むかと思ったけど、たぶん私が緊張していたと思う。娘が嫁ぐ日はいつになるのかな。

相続税の仕事を請けよう

相続税の話をしよう

当事務所、原則、相続税の案件を受託しておりません。当HPにもその旨記載しております。理由は簡単相続税の知識はあってもノウハウがないから。税理士を開業してから実は1件だけ相続税案件を受託してお仕事をさせていただきましたが、確定申告期間中であったこと、また申告期限まで3カ月を切っているというハードな環境で受託したため、精神的に参ってしまった経験があります。

また、以前、相続税を専門にされている国税OBの方とWebミーティングをしたのですが、専門にされていても精神的に疲弊する案件は多いとのことでした。

相続税の仕事を請けよう

税理士を開業してから5年、それなりに相続税の問い合わせもありますが、現状、全てお断りしています。が、これからは受託していこうと考えています。

今すぐに。。。という訳ではないのですが、準備を始めました。今は契約書のひな形の作成や、他の税理士の報酬を参考にしながら当事務所の報酬規定を作成しています。

相続税の料金設定

他の事務所の報酬規定を確認して感じた事、総じて言えるのが基本料金は低めに記載しているのですが、追加料金が詳細に決められていることです。合理的な設定だと、結局、相続税案件の場合、案件ごとに作業内容が異なるし工数も異なるのでそれらに応じて料金設定するのがベストなんだと。

私が唯一受託した案件の料金設定は遺産総額の1%としました。国税OBの先輩や近くの税理士に確認したところ遺産総額の1%が相場だと言われので、簡単な申告なら良いですが、難しい案件だと割に合わなくなるんだろうなと今では思います。

料金設定を考えて思う事。

相続税の報酬規定を考えながら、法人税や所得税の報酬規定も今のままではダメなのではないかと。特に所得税のスポットの案件なんかは「なあなあ」でこの位でどうですか?的な設定でした。

ちゃんと料金設定した上で、うちの事務所はこのような規定になっていますとちゃんと伝えられるようにしたいなと思いながら、スポットの料金設定を作成してみました。

落ち着いたらうちのスタッフに意見を聞いてみようと思います。

【編集後記】

今日は娘と娘の彼氏と焼肉食べに行きます(^^♪

CrowdWorksで仕事を依頼する

Chatoworkのグループ一斉送信がどうしてもできない

Chatoworkで複数のルームに対しメッセージを予約送信、定期送信をしたい。と思いネットで探して挑戦してみたのですが、どうしても指定された時間に送信できない。いますぐ送信という処理はできるのですが、送信を失念してしまう可能性があります。

数日間試行錯誤したのですが、全くダメ。

ということで「CrowdWorks」で仕事の依頼をしてみました。

CrowdWorksで仕事を依頼する

CrowdWorksの人に相談しながら仕事を依頼しました。CrowdWorksに仕事を依頼するのは3回目、当事務所のロゴもCrowdWorksで依頼して作成したものです。ただ、今回はコンペ方式ではなくプロジェクト方式での依頼、さらに見積り希望として依頼しました。

気が付けば12件応募がありました。どのくらいの費用が発生するのか不安だったのですが、上は330,000円から下は11,000円とびっくりするほどの開きがありました。

何件か良さそうな人とコンタクトを取りながら要件等などを確認するなどしています。

只より高い物はない」とは言いますが、多少はお金を払って良いものを使った方が事務の効率化に繋がるのかなと期待しています。

まだ、何件か新規に提案されているので内容を精査しながら契約したいと思います。

【編集後記】

人の命は儚い

ガレージに壁を。。。

久しぶりに週末にガレージに籠る

今年に入り元々あったガレージを解体し再構築を企て、やっと壁を貼ることに。

まずは正面の部分にお試しで壁を貼ることに挑戦します。作業台を作り諸々の工具を用意してスタートです。

作業中。。。

元々の倉庫が古いのか、ちょっと歪んでいるのか微妙に上と下で巾が違っていてムズッ!!った感じで、ちょっと隙間があって(´・ω・`)

とは言え、壁で隠れので良しとします、壁を固定する土台部分の設置が完了。

スピードUP!!壁を貼るだけなので試行錯誤の連続、、、でしたが、とりあえず壁貼り完了しました。でも、なんかイメージが違うんだような~。合板が日焼けしているせいか?まだ内装ができていないからなのか?

フレンチクリートに挑戦する

収納に関して動画でみたフレンチクリークに挑戦してみました。

こんな感じの収納です👇

1×4を45度にカットして設置するんですけど、見様見真似でカットした結果がこれ。

初回制作にして上出来かな。とは言え、現実に目を向けると壁を貼らなきゃいけない部分が多すぎる。

理想はこれ。

さて、私の秘密のガレージは完成するのでしょうか?

【編集後記】

長年、船着家を支えてくれたマツダのプレマシーを廃車することになりました。娘が生まれる時にMINIでは振動が大きかったり、移動が大変ということで購入した車。あれから21年、船着家を支えてくれましたが、遂に廃車に。。。21年間、お疲れ様でした。。。

久しぶりに愉快なセミナーを受講しました。

松本税理士会5月例会

昨日の午後、松本税理士会の5月例会が開催されました。毎回、何らかの研修が開催されるのですが(36時間研修のためだと認識)、久しぶりに聴講してみたいなと思う内容だったので参加しました。

講師の先生は矢野康治氏

講師の先生はは矢野康治氏。前財務省事務次官で、現在は神奈川大学特別招聘教授という肩書の先生です。

セミナーのテーマは「わが国の財政について~不都合な真実を正視する~」という、ちょっと刺激的なサブタイトルが気になります。

元財務官僚という立場でありながら、危険な香りのするテーマです。

当然セミナーは現状の日本の財政を認知するところからスタートするのですが、つまり「一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移」から所謂ワニに口が開きっぱなしというところから、日本の借金が増え続けるのは高齢者に対する社会保障費であるということ。

今後更に高齢化社会が進む日本において「中福祉、低負担」になっている事実など客観的資料に基づき説明していただきました。

また、リフレ派と呼ばれる経済学者が唱えている理論がいかに破綻しているかと毒舌を吐きながらお話してくれました。

何が正しいのかは分からないが。。。

私自身は経済学者でもなけらば財務官僚でもありません。日本の経済政策の良しあしなんて分かるはずもない。がしかし、このままではダメだということは理解しているつもり。

その原因が高齢者の社会保障費であることも認識しています。

物凄い毒を吐きます。SNSで投稿したら炎上必死。

限られた財源をどのように使うかという視点です。私はプライマリーバランス重視です。2024年度予算で社会保障費は約37.7兆円です。1990年が11.6兆円だったことを考えると3倍から4倍です。公共事業費、教育、防衛費は4兆円しか増えていません。

日本の財政を圧迫しているのは社会保障費です。1990年当時の11.6兆円しかないのであれば、その分だけ財政支出をすれば良いのです。

過度な医療は止める、可能な限り延命措置はしない、これだけでも社会保障費はかなり削減されるはず。。。エビデンスはないので私個人の妄想です。

高齢者増加に伴い医療現場もひっ迫しているはずです。

限られた資源の中で、どのように効率的に配分するか、バラマキではダメです。日本がダメになります。

そんなことを感じたセミナーでした。

【編集後記】

税理士会終了後、事務所に戻り安芸高田市の石丸市長が東京都知事選に出馬されるというYouTubeを視聴しました。石丸市長のような方がもっと増えたら日本も変われるのではないかと思います。

数奇な縁

不思議な出会い

人との出会いとは不思議なものです。日本にどれほどの人がいて、何かの縁がありその方と出会う。そんな偶然が続く毎日ですが、そのなかでもここ1ヶ月で私と出会ったというか話をした人を紹介します。

とある税理士法人の営業担当者さま

当事務所というか私は相続税を受注する知識とノウハウがありません。故に某税理士法人との協業を県としており、その窓口となった方のお話です。

ご担当者さまは税理士の資格を保有されておらず、前職は旅行関係の営業職だったとか。しかも勤務先が松本市内であり、私の母校に営業に行かれたことがあるとのことでした。

この時点で、この後に続き数奇な出会いは全く予想できませんでした。

とある税理士との出会い

SNSを通じて知り合った税理士の方。当然、どこの誰だか分からない税理士さん。珈琲好きで繋がった税理士さんです。

SNSで○○に行ってくると投稿したら反応してくれて、その行先かその方が開業されているという土地。こんな偶然ってありますか!!それだけでも驚きなのに、その夜、実際にお会いして楽しい時間を過ごして、詳しい話を聞くと、なんと税理士開業前はずーーっと松本市で仕事をされていたとか。会計業界ではないのですが、ひょっとしたらどこかですれ違っていたかもです。

巡回に来たお巡りさん

先週、当事務所に巡回に来たお巡りさん。他愛もない話をした最後に「駐車場のMINIは船着さんのですか?」と聞かれ「そうです」と答えると、お巡りさんが「私も12月にMINI購入したんです(^^♪」私の主治医とは違うお店で購入したようですが、まさかMINI繋がりのお巡りさんが訪ね来るとは。。。

Bizerteamの営業の方との出会い

今月に入り当事務所、Bizerteamに挑戦しているのですが、さっそくBizerteamの方ら営業の電話がありました。一通り営業の話をお聞きしたのち、その方、実は安曇野市出身であるとのこと、さらに詳しい話を聞いたら私と小学校中学校が一緒である事実が判明、このGWもはま園芸に行ったとか夏の花火大会には行っているとかローカルな話題に花咲きました。

【編集後記】

ほんの1ヶ月で何かしらの縁を感じる出会い続きました。

空き家特例3000万円控除の抜け穴を考えてみた結果

空き家特例の概要

相続または遺贈により取得した被相続人居住用家屋または被相続人居住用家屋の敷地等を、平成28年4月1日から令和9年12月31日までの間に売って、一定の要件に当てはまるときは、譲渡所得の金額から最高3,000万円まで控除することができます。

この特例を使って相続するであろう物件を個人から関連する法人に上手く売却できないものかと思い試行錯誤した結果です。

念のために書いておきますが、未だ相続も発生していなければ実際にも行っていません。

親子や夫婦など特別の関係がある人に対して売ったものでないこと。

この特例の要件の1つに「親子や夫婦など特別の関係がある人に対して売ったものでないこと。」というものがあります。親子や夫婦は分かります。特別な関係がある人って何?という疑問です。

ということで調べてみました。

  1. その個人の配偶者及び直系血族
  2. その個人の親族でその個人と生計を一にしているもの及びその個人の親族でその譲渡(=売却)にかかる家屋の譲渡がされた後その個人とその家屋に居住するもの
  3. その個人とまだ婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者及びその者の親族でその者と生計を一にするもの
  4. 1から3に掲げる者及びその個人の使用人以外の者でその個人から受ける金銭などにより生計を維持しているもの及びその者の親族でその者と生計を一にしているもの
  5. その個人、その個人の1及び2に掲げる親族、その個人の使用人若しくはその使用人の親族でその使用人と生計を一にしているもの又はその個人に係る3及び4に掲げる者がその発行済株式等の50%超を有する同族会社その他会社以外の法人

簡単に言うと売った人の親族や関連する会社などに売った場合は特例が受けられないということですね。確かに近しい人に売って課税されないのは問題があります。

流石、税法!!

さすが税法というべきか。空き家特例を使って不動産を近しい法人に売却して、、、でも実質の所有者は変えずにいる方法は無いかと模索してみましたが、ずる賢い事を考えても所詮素人に毛が生えた程度の知識しかない私。

税法を読み進めると私が考えたスキームは項目5でしっかりとカバーされており、空き家特例の適用は不可となりました。。。

まーそんな簡単に上手くはいかないか。誰でも思いつきそうな安易な発想だったからな。

次の手を考えるとしよう。

【編集後記】

Chatworkで複数のルームに一斉送信、しかも定期送信、予約送信ができるGASが欲しくてランサーズでクリエイターの方に相談したのですが、途中でキャンセルされてしまいました。

自分で作成できないかとネットで調べてみましたが「無理」という結論に。時間をかけて勉強すればできなくもないと思いますが、今、そんな余裕はないです。

クラウドワークスで再挑戦してみようと思います。

Chatworkの定期送信、予約送信、一斉送信に挑戦する

コミュニケーションツールはChatwork

当事務所のコミュニケーションツールはChatworkを利用しています。これは開業当初、freeeの担当者とのコミュニケーションがChatworkだったため、それ以来ずっとChatworkを利用しています。途中、無料プランから有料プランに変更したりはしましたが、ツールとして満足しています。

クライアント数が増えると不便な事も。。。

クライアント数が増えてくるとChatworkでも不便な事が増えてきました。

  1. 予約送信がしたい
  2. 定期送信がしたい
  3. 特定の者に対し一斉送信したい

という欲求が生まれました。この日にこの内容で送信したい!と思ったらタスク管理で記録して、その日が来たら送信する。。。こんな状況でした。これが事前予約とか出来たら良いなと。その他、毎月定期的に同じメッセージを送信するとか、同じ文書を複数に送信する。。。毎回コピペして送信していました。

ところがです、先日の愛知遠征でGoogleスプレッドシートを活用してこれらの悩みを解決できるという事実を知りました。

ネットで調べると、出るは出るは色んな人が色んな記事を書いて、中にはダウンロードするだけで利用できるように神様みたいな人もいました。

ホント感謝です。

それでも不便が。。。

定期送信はできるが、特定のルームに一斉送信できないとか。一斉送信できるが使い方がイマイチとか。

ということで「ランサーズ」で当事務所に見合ったものが作れないかと相談中です。少し費用が発生しますが効率化できればOKです。

レスポンスも早く驚いています。

さて、今後どうなるか分かりませんが、色んな事が起きて楽しいです。

【編集後記】

勉強不足が露呈した1日でした。

Bizer teamに挑戦する

アナログ税理士、Bizer teamに挑戦する。

兼ねてから課題と感じていたタスク管理や業務の進捗管理、さらに業務の属人化問題。先週の事務所訪問で解決の糸口を教えていただき、この週末にNotineを触ってみたり、Bizer teamを触ったりしてみました。

成功している事務所に聞いてみる」というのは、とても有意義なことでした。

さて、Bizer teamを触った感想です。

ほんの触りの部分だけなのですがビジュアル的にも操作性も好印象です。これが徐々に蓄積されていけばいい感じになるのではないかと期待してしまいます。

チェックリストのテンプレ化

毎月する作業とかはテンプレ化することも可能だし、繰り返し設定をすることで忘れることもなくなります。

ハッキリ言ってkintoneより使いやすです。kintoneのプラグインとかで設定するの結構面倒だったんですよね。しかもサブスクリプションけちると機能半減するし。。。

もちろんBizer teamでのサブスクリプションは発生しますが、使いやすく効率化できるならOKです。

タスクの右側の窓にメモやノート、ファイルも添付できるのが凄いです。ちなみに、Notineで作成したナレッジのリンクを貼ることでタスクの処理方法が誰でも確認できるようになると、西尾の先生は教えてくれました。

もう「へー凄い」としか言葉がでませんでした。

今後の課題。。。

まずは、Bizer teamを活用していこうと思います。もちろんNotineでナレッジを作成しながらです。今日明日で何とかなるものではありません。クライアントにもfreee会計に慣れるのに1年くらいかけているところもあります。当事務所もこれから1年くらいかけてタスク管理やナレッジを整理し脱属人化を目指していこうと思います。

【編集後記】

「Notine」「Bizer team」「Asana」 「Chatwork」「kintone」

なんだかSaaSが多すぎないか? 

愛知遠征から見えた当事務所の課題

事務所の過渡期を迎えて

当事務所も開業から見様見真似、手探り状態での運営を続け早5年。スタッフも雇用しクライアント数も増加し何かと忙しくなってきたからこそ見える課題。今後の事務所運営も含め改革が必要だと思う今日この頃、かねてから計画していた事務所見学に5月8日&9日に実施してきました。

まずは、GW明け、3月決算もある時期にご対応いただきありがとうございました。

十数年ぶりの再会

まずは豊橋市に事務所を構える、税務大学時代、私の右隣の席で一緒に勉学に励んだ先輩の事務所見学です。前回お会いしたが覚えていないくらい、税務署辞めて税理士になったのに私に一言も連絡をしない水臭い先輩との再会です(^^♪

私とは違い大先生から事務所を引き継いだとのこと、それはそれで色々な悩みがあり、課題があること、またスッタフの方とも意見交換をさせていただき貴重なお話をお伺いすることができました。

ひょんなことから、SNSで情報交換をしている税理士が実は豊橋の先生だということが分かり、夜の部は初対面のSNS繋がりの先生も含め3人の税理士で情報交換を行いました。ここでは書けない意外な共通事項があったり年代が一緒だとかかなり盛り上がった夜の部でした。

西尾市の税理士先生に訪問

5月9日は西尾市に事務所を構える税理士の所に訪問させていただきました。こちらの先生は開業時期も近く事務所規模も同じくらいという事務所です。

事前に確認したいことをまとめてお送りしていたこともあり、本当に丁寧に事務所の運営、特に報酬の考え方やスッタフとの関係、SaaSを使った業務効率化などはとても参考になりました。正直、ぜーんぶ丸っとパクりたい気がするくらい感動してしまいました。

Chatworkの一斉送信、定期送信などは私が煩わしいと思っている作業でそれが半自動でできるなんて!!バイザーチームやASANAなども実際の使用方法も教えていただきました。

ASANAは以前に使ったことがあるのですが、うまく運用できずに終わっています。

マニュアルはノーションを使ってスッタフとの共有できていたのが流石だと。。。

もう文章では書ききれないほどの情報を提供していただいたことに本当に感謝しております。

帰所後のミーティング

翌日の朝、さっそく愛知遠征で得た事を踏まえスタッフとミーティングを行いました。これから改善すべき事項は多々あることは双方認識していたのですが、今後向かうべき道が少し見えてきたかなという感じがします。

今回のミーティングで得たことをブラッシュアップしながら当事務所らしく改善できたらいいなと思います。

【編集後記】

開業当初に参加したマジ価値Meetup 最近になって、その価値を認識しました。

お気軽にお問合せください contact

仕事のご依頼・お問合せはフォームをご利用ください。 送信いただきましたら、追ってメールにてご連絡させていただきます。

なお、あらゆる営業に関するご連絡はかたくお断りいたします。

なお、当受付フォームでは、個別のご相談・ご質問を受け付けておりません。