政治資金団体における税金について

今話題の政治資金パーティーについて

今話題の政治資金パーティー。政治資金パーティーによって集められた資金は課税されるのでしょうか?答えは否。課税されません。

なぜ、課税されないかというと法人税法により非課税(直接的には書いてないんですけど、おそらく人格なき社団等で収益事業じゃないからかな)とされているからです。ただ、それでは不透明なので「政治資金収支報告書」という縛りを設けて公表するという仕組みになっています。

キックバックされたら・・・どうなるの。

さて、今回の騒動は政治資金パーティーよって得られた資金が裏金になって政治家個人に還流されていたという話。事実関係は詳細に明らかにされていないので推測で書きますが、裏金の使途は①表に出せない政治資金②個人的流用の2パターンです。

さて、この場合の税金はどうなるのでしょうか?単純に考えると①は政治資金に費消したのだから非課税、②は政治家個人が費消したのだから所得税が課税されると思料されます。

国民感情は許さない!!

では、一般的な法人において今回と同様のケースを考えてみましょう。実は税務調査の現場では良くある話です。

とある会社を経営する代表者が外注先に水増しした請求書を発行させ、正当額との差額をキックバックさせていた!そしてそのキックバックされたお金は遊興費に充てていたというお話です。

法人税は、架空外注費として追徴課税され、当然のことながら重加算税の対象になります。さらに代表者が個人的に費消していたので所得税も課税され加算税も賦課され、後日、地方税も賦課されることになります。

文章に書くとサラッと書いていますが、税負担はかなり重いです。

本件に戻ると「政治資金収支報告書の記載が漏れていたので訂正します!」という政治家もいるようですが、故意なのか過失なのか分かりませんが訂正すれば終わりになっています。これでは、一般的な法人との取扱いに差がありすぎると感じるのは私だけでしょうか?

税務職員、税理士を経験している私からすれば、領収証1枚でも保存するようお伝えし、現金は1円でも違わないように話をする、これが世間一般的な常識です。

政治家だから許されるのか?そんな事はないはずです。今回の件では東京地検の真実が解明されるまで頑張っていただき、本当の意味でクリーンな政治が実現されるように願っています。

税務職員が心配です。

結局、今回のような事件で1番批判されるのが税務署なのだと思っています。なぜなら、申告が間違っていたら訂正します!って言えばいいんでしょ!という人が絶対出てきます。政治家は間違っていてもペナルティーないじゃん!とかね。年明けから始める確定申告という繁忙期を迎え税務署OBとしては心配している今日この頃です。

【編集後記】

久しぶりに出勤前に自宅でブログを書きました。朝のこの時間に書くことができれば、日中の時間を有効活用できそうです(^^♪

freee会計に楽天銀行が帰ったきた!(^^)!

freee会計と楽天銀行の自動連携ができなくんったのは2022年2月24日

freee会計を利用していて便利だなーと思った機能の1つに金融機関との自動連携があります。当事務所でも、クライアントにも自動連携を勧め、多くの方に利用していただいております。

ですが一部の金融機関では自動連携できないところもあります。

楽天銀行においては、私がfreeeを利用し始めたころから自動連携が可能でした。がしかし、突然2023年2月24日から自動連携ができなくなり、手動での登録に変更されました。自動連携されなくなった理由は明らかにされていませんが、自動連携に向けた継続的協議をしているという話でした。

以来、楽天銀行を利用されているクライアントには最低月1回は、楽天銀行よりCSVデータをダウンロードしてfreee会計にUPするよう依頼をしておりました。

遂に再連携されました!!

長らく不便だった楽天銀行ですが、2023年12月5日にfreee会計と楽天銀行の自動連携が再開しました。裏側でどのような協議があったのかは分かりませんが、ユーザーにとっては朗報です。

さっそく、楽天銀行を利用しているクライアントに連絡をして再連携の設定を行っていただいております。

人間誰しもそうだと思うのですが、1度便利な機能を知ってしまうと、その機能がなくなると不便を感じます、ただ、元に戻っただけなのに。

でも、これで多くの人が楽になるし、ひょっとしたらfreee会計の契約数のトレンドに大きな影響を与える事になるのかもしれません。

願わくば・・・楽天カードの随時連携もお願いしたい

人間誰しもがそうだと思うのですが、1度便利な機能を知ってしまうと、次はあれも、これもと要望を上げたくなるものです。

その1つに楽天カードの随時連携です。freee会計の良いところはカードの利用明細も自動で連携してくれること、カードの種類によっては随時連携してくれるものもあります。ただ、楽天カードは毎月1回利用額が確定した後に自動連携されるので、どうしてもタイムラグが生じます。

願わくば、楽天カードも随時連携してくれるととても助かります。

#freeeに願いを

楽天カードの随時連携お願いします。

【編集後記】

本日、当事務所のスタッフに基本給の2カ月分+良く頑張りましたのボーナスを支給しました。

定額減税に所得制限はカオス

新聞記事を聞きかじった話。

来年の定額減税に年収2000万円の所得制限を設けるとか?設けないとか。

新聞記事によると年収2000万円以上の人は全体の0.6%だとか、その為に複雑なチェックが必要なら所得制限なんていらない。

そもそも、ここ2年間の税の増収分を国民に還元するとか言いながら、高額納税者を排除するなんて趣旨からも逸脱してる。

結局、国会議員は何をしたいのか分からない。

もっとも、パーティー券を巡る裏金問題の影響で定額減税なんてフォーカスされていないけどね。多くの国民は減税されて還付されればそれで良いのかもね。

最近、ブログが適当になっています。なんとしないと。

と、書きつつ今日はここまで。

それぞれのスタイルがある。

独自の会計処理。

税理士を開業して4年と少し。何件もサルベージ案件を処理してきましたが、今回はホントにお手上げです。個別具体的な事をどこまで書いて良いのか悩むけど、ほんと無理。

何が無理かというと、サルベージ案件は何らかの形で元になる資料とかがあるから立て直せるもの。ところが、何を聞いても、どうやって聞いても真実が見えてこない。証憑類の保存が皆無。本人はfreee会計のファイルボックスに保存していると主張するが何が何だか分からない。紙で保存すべき書類は、どこかの誰かが誤って廃棄とか。もう正しい姿に戻すことができない。

A社とB社の経理を見ているのに、両者の整合性が全くない。現金残高がマイナスのまま多額の現金での支払い、その資金の出どころに記憶がない。なんじゃそりゃ。

いい加減にしてくれ。

会計事務所の担当者

先月契約をしたクライアント2社についてのお話です。

大きな事務所になるとあるあるなのですが、ここ数年で事務所の担当者が2回変更になり、また若い方が担当になったこと、また担当者のミスが増えたとのことから当事務所へ変更された法人様です。

今回、当事務所で確認したところ➀源泉所得税の納付が特に報酬料金の納付がされていない②源泉所得税の納付書が存在するのに会計処理されていない③厚生年金保険料が全額会社負担で処理されている等々エラーがありました。

これは総勘定元帳を確認中に把握したエラーです。実際に証票類をチェックしたらもっとエラーがありそうな気がします。

大きな税理士事務所がベストではないという現実

HPを確認すると北は北海道、南は福岡まで全国に12か所の事業所を設けている税理士法人。税理士は26人、行政書士や社会保険労務士も在籍する立派な税理士法人です。

だから何?という感じです。

結局、大きくなりすぎて細部までフォローができていないじゃん

事務所を大きくするのはとても難しいということを肌で感じている今日この頃です。

【編集後記】

息子が骨折しました。痛いだろうな。治るまで我慢です。

愚痴

私が嫌いな人

今も税務署時代も嫌いな人がいます。

それは理論構成が破綻した人。

これは税務調査の場面で顕著に表れます。

税法は厳密にルールが規定されているのに、それが間違っている。

今まで誰もそんなことは言わなかった。税理士が悪い。税務署が悪い。

自己の主張が二転三転し、その主張を示す根拠を一切示さない。

業界の慣習がそうだから、あれも無理、これも無理、でも自分の主張は正しいと主張する。

証憑類と総勘定元帳を基に税務調査を展開しているのに、そもそも総勘定元帳の記載が違うと言いだし、正しい処理が分からないと言いだす。

何の早く税務調査を終わらせたいという始末。

さて、これからどうしたものか。

私にとって救いなのはスポットの依頼だということ。

【編集後記】

世の中色んな仕事あると同じように、色んな社長がいるんだなと再認識した次第です。

絶対に負けられない闘いがある

中学3年生VS指導者&保護者

毎年の事なのですが、長いシーズン終了後に中学3年生のサッカー部員VS指導者&保護者の試合があります。指導者として絶対負けられない闘いなのです。

中学の指導を始めて9年前。あの頃は若かった。あの頃も走れなかったし蹴れなかったけど50歳を手前にさらに酷くなりました。

でも、絶対に負けたくない。

どんな手を使っても。。。

3年生には指導者との試合の前に1年生・2年生チームと20分のゲーム4本やってもらい、疲労困憊の状況で指導者と15分×2本のゲームをしました。

すでに、足が攣りかけている選手もいたりして、これぐらいハンデが丁度よいくらい。

2-1で勝利

大人気ないなどは微塵も思わないです。ちっぽけなプライドなら捨てます。ただ勝ちたいだけ。

先制点を取られたものの、徐々に足が止まる3年生。指導者&保護者のチャンスも増えてきて何とか同点に。そして、なんと、なんと私が決勝点となる2点目のゴールを決める!!という快挙。

もう年に2回しかボールを蹴らないと言っても過言ではない私の足元に⚽が転がってきて「えい!」と蹴ったらコロコロとゴールの隅っこに吸い込まれて。点を取るなんていつ以来だろうか?

大人げないとか、もう関係ない。ホント嬉しくて。。。

筋肉痛などの代償は大きいけれど、楽しい試合でした。

【編集後記】

3年生が書いてくれた私に似顔絵です、なんか嬉し。

コンサルタント会社の倒産が急増

2023年は10月までに経営コンサル会社の倒産が過去最多の116件

2023年は10月までに経営コンサル会社の倒産が過去最多の116件という記事を目にしました。色んな方がSNSで見解を示していましたので、私も少し意見をというか思いを書きたいと思います。

コンサルタント会社は儲かるのか?

個人的には儲かるのかなーと思っていますが、それは極一部の話ではないかと。税理士業界と違いコンサル業界は参入障壁が少ない分野です。特に資格が必要ではないので、「私、今日からコンサル会社経営します」と言えばできる業界なので乱立しているのも現状かと。

その反面、ノウハウがないというか付加価値がないというか。そういうコンサルタント会社は淘汰されていくのだと思います。

あと、難しいのは結果が求められることかな。このコンサルタント会社に依頼した結果、業績がUPしなことには継続契約することは難しくなるから。

税理士はコンサルタントができるのか?

できる税理士はいると思いますが、私は無理。だって元々税務職員だし、申告書の誤りを見つけるのが仕事だったので。税理士初めて4年~5年で他人さまの会社にアドバイスできるなんて思ってもいないし、できないし。

でも本当なら税理士がコンサルタントをして付加価値を提供することが望ましいとは思うし、それを実行している税理士事務所は多々あるから凄いな~って思います。

ちなみに、私、中小企業診断士の資格挑戦して挫折しています。

【編集後記】

何を書いているのか分からないブログでした。

11月が終わります。

ふと、気が付けば11月が終わります。

9月に事務所を移転し、怒涛の3カ月が終わります。気が付けば11月も今日が最後の日です。

9月からずっとクライアントへの訪問、Zoomでのミーティング、税務調査の立会い(安曇野市にいながら池袋&山梨&名古屋)のための遠方への出張等ずっと走り続けてきました。

税務署にいる頃は当たり前だったような気がしますが、税理士になってからまったりと仕事をしていたので疲労感も半端ありません。

そんな時、うちのスタッフから「先生、今週は訪問もWebミーティングも調査立会も何もない1週間ですね」と。本当だ。なんだか今週はゆっくりしているなーと感じたのはそのせいか。

前回、訪問もWebミーティングも調査立会も何もない1週間はいつだっただろうかとカレンダーを戻してみたら、2022年9月19日の週以来でした。もっともこの週は月曜日は敬老の日、金曜日は秋分の日となっており実質3日間の週でした。

リセットする週も必要かと。

以前は意識して何もしない日を設定していました。何もしない日といっても仕事はしないというか、正確には外部から遮断しインプットする日とか、未来を考える日とか。自分自身をリセットする日を設定していました。

ここ最近は、リセットする日も設定できなかったので、今週はとても良い1週間になっています。細かいことも出来ているし、気になっていたことも調べられているし。プライベートでも滞ってたことが急に進みはじめたりと。

やっぱり、リセットする日は必要なんだと改めて感じた1週間です。

12月のリセット日を設定しよう。

来月は12月。今年も最後の月です。リセット日を設定しようと思います。これから事務所に行ってスタッフと相談しながら今年1年をリセットする日、忘年会でも設定しようと思います。

【編集後記】

期日が11月24日の報酬が振り込まれていなくて連絡したら月末までには支払いますと、さて、本日中に振込まれるのでしょうか?不安だなー。

マウスはトラックボール派です。

ロジクール MX ERGO ワイヤレス トラックボール

私が現在使用しているマウスは「ロジクール MX ERGO ワイヤレス トラックボール」です。

こんな感じのマウスです。正直、これ以上のマウスは見当たりせん。

開業当初はノートパソコンのタッチパットを利用していました。手を大きく動かすことなく手元で操作できるので作業が効率的に行うことができたからです。

その後、ノートパソコンの画面では作業が効率的に行えないことからマルチディスプレイを利用することにしたのですが、マルチディスプレイにするとタッチパットではカーソルを動かすのが大変でノーマルのマウスに戻りました。

ノーマルのマウスに戻ったのですが、マルチディスプレイではマウスを動かす範囲が多くこれまた大変な事に。。。

freeeのマジカチ

そんな時、freeeのマジカチでゲーミングマウスをテーマにしたLTがあり、ゲーミングマウスやトラックボールのマウスを知ることに。

その中でも、ロジクール MX ERGO ワイヤレス トラックボールが斬新で思わず楽天市場でぽちっと購入(13,970円)していました。この出来事が2020年6月のこと、気が付けばこのマウスを3年以上利用していることになります。

事務所を移転してもロジクール MX ERGO ワイヤレス トラックボール

事務所を移転してもロジクール MX ERGO ワイヤレス トラックボールを利用しています。ここで困ったことが1つ。事務所と自宅で仕事をすることが増えたのですが、自宅で利用するマウスは極々普通のマウスでトラックボールマウスと比較すると非効率でストレスになっています。

ストレスなく仕事をしたいので、もう1個ロジクール MX ERGO ワイヤレス トラックボールを購入しようかと、ここ最近の物価高で価格も値上がりしていたのですがセールで12,610円と以前より安くなっていました。

明日は30日で楽天ポイントが少しだけ多めに付与されるので、明日ぽちっとします。

家でも効率的に仕事したいからね(^^♪

【編集後記】

クライアントからfreeeへのご意見です。

さいきんのfreeeさん、電話かかって来てもイケイケどんどんで、ちょっと儲け主義にはしっているかな?と思います。

事業計画

3ヵ年中期事業計画

ちょうど1年前に当事務所の中期事業計画(2023年~2025年)を策定しました。昨年の10月にスタッフを雇用したことから、しっかりとした目標を持ってビジネスを進めたいと思ったから策定したものです。

今年も残すところ1ヶ月。毎月事業計画と試算表を睨めっこしながら「あーだこーだ」と考えていたのですが、売上ベースだけにフォーカスすれば2025年、つまり中期事業計画の最終年度の数字に限りなく近い金額までになりそうです。

事業計画策定の際の見積りが甘かったのか?それとも予想以上に売上が伸びたの?調査立会などスポットの売上が増えたのか?たぶん、これらの要因が全部あてはまるのだと思います。

経費も爆上がり!!

当然のことながら、経費も爆上がりです。

9月から新しく事務所を借りたことから地代家賃が増加したこと、これに伴い事務所備品や不動産屋等に支払う手数料などが増えました。事務所家賃はランニングコストですが、備品等は今年のみの支出になります。

もう1つ大きく増加したのは人件費です。ここは、私の拘りで賃金のベースUPを行いました。詳しい金額は書けませんが、勤務形態の変更などがあったとは言え当初の賃金より年ベースで60万円位UPしました。2024年の事業計画では2023年より120万円UPする予定です。

私の拘り・・・同一労働同一賃金・・・同一労働同一賃金とは、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)との間の不合理な待遇差の解消を目指すものですが、事務所の内で同じ仕事をしているのだから、当事務所の利益はスタッフに還元すべきものだと思っているからです。

中期事業計画を見直すべきか?

先に述べたように、中期事業計画の最終年2025年の売上目標は初年度の2023年に達成しそうです。では、ここで中期事業計画(2024年~2026年)を見直すべきか?という問題が生じます。

正直、売上は現状のままで良いかなと思っています。少し、経費の見直しは必要かなと、地代家賃も含めた事業計画の修正は最低限必要です。

あとは、長期事業計画(5年)の策定も必須です。細かい数字はこれから考えるとして、これからの5年でもう1人スタッフを雇用したいと思っているので、そこに向けた準備が必要なので。。。

【編集後記】

当事務所、2019年9月に開業して、実質2020年からのスタート考えるともうじき4年目が終わります。想像以上に順調に推移しています。

皆様に感謝感謝です。

お気軽にお問合せください contact

仕事のご依頼・お問合せはフォームをご利用ください。 送信いただきましたら、追ってメールにてご連絡させていただきます。

なお、あらゆる営業に関するご連絡はかたくお断りいたします。

なお、当受付フォームでは、個別のご相談・ご質問を受け付けておりません。