freeeの中の人とミーティングをしました。

freeeの中の人とミーティング

本日、freeeの中の人とミーティングをしました。前回は2月上旬だったので3か月ぶりのミーティングです。

今回の主なテーマは「2022年度IT導入補助金」についてでした。

freeeの利用料も補助対象経費になるとのことで諸々説明を受けましたが、正直、なかなかハードルが高い感じがしましたね。フリーランスの方やこれから法人成りしていこうという方、クラウド会計を乗り換える方などなんとなくIT補助金の対象となるのではないかと思われるケースもありますが、私のクライアントでは規模感が小さすぎる感じがします。

私自身がIT導入支援事業者でないこと、freeeのコンソーシアムな入れないこともハードルの高さを感じさせる要因です。

IT導入支援事業者

IT導入支援事業者とは

補助事業を申請者とともに実施する、補助事業を実施するうえでの共同事業者(=パートナー)を「IT導入支援事業者」と呼びます。
中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。
なお、IT導入支援事業者が事務局に登録し、認定を受けたITツールのみが、IT導入補助金の補助対象となりますので、ご注意ください。(IT導入補助金2022より引用)

コンソーシアム

コンソーシアムとは?

幹事社1社と構成員からなるコンソーシアム形態。単独でIT導入支援事業者としての要件を満たすことができない法人及び個人事業主等は、構成員の要件を満たしていれば構成員として参画できます。

freeeのコンソーシアムもありますが、私には構成員になる資格はないようです(´;ω;`)

まとめ

残念ながら、今のところこの補助金をお勧めできるような案件はありません。ひょっとしたらこれからお問い合わせいただくこともあるかと思いますが、基礎知識のキャッチアップという意味では有意義な時間でした。

【編集後記】

私は新しい場所に事務所は借りられるのだろうか?

コメント