freeeの「+更新」って何?

「+更新」って何?

freeen取引画面に「+更新」というボタンがあります。

これって何?何を更新するの?

「+更新」は、登録済み取引の仕訳について、借方・貸方のいずれかの勘定を振替える機能です。当初の見込みと異なる事象の発生の反映や、経過勘定の振替などに活用いただけます。

どんな場面で使うの?

  1. 債権(売掛金や貸付金)が貸し倒れた
  2. 経過勘定(前受金・前渡金・前受収益・前払費用)を収益化・費用化する
  3. 仮勘定(仮受金・仮払金・建設仮勘定)を収益化・費用化する
  4. 収益・費用を経過勘定(前受収益・前払費用)に振替える(再振替)
  5. 未決済残高を口座以外の勘定科目で消し込む

なるほど・・・。

これは、会計知識がないと分からない処理ですね。

取引総額でなくても、一部の金額でも入力できるようです。

まとめ

freeeを使うと会計業務がなんでも簡単にできる!!というイメージがありますが、実際触ってみると・・・意外にそうでもないようです。

やっぱりある程度の会計知識がないとfreeeは使いこなせないのではないかと・・・。

新規のクライアントに「こうすると入力が楽ですよ」「ここで毎月の数字が確認できます」とかお話すると驚かれることが多いです。

やっぱりfreeeを使うには最初が大切ではないかと改めて感じる今日この頃です。

【編集後記】

よし!

仕事しよう。

コメント