freee クレジットカードの明細を自動で取り込む

クラウド会計のメリット クレジットカードの連携

freee会計の連携機能「クレジットカードの連携」があります。
クレジットカードの利用明細をネット上で取り込むことで、手入力という煩わしい作業を軽減できるというメリットがあります。

2段階の登録処理が必要です。

クレジットの連携はメリットがありますが、正しい登録処理をしないととんでもないことになります。

登録には2つのステップがあります

①クレジットカードで支払った内容を登録する。

②銀行口座の引き落とし内容を登録する。

クレジットカードで支払った内容を登録する

クレジットカードを利用後、利用明細が連携されます。

この利用内容を支出取引として登録します。車両費とか消耗品費とか。

freeeでの特徴の1つにこの登録時の相手勘定科目が「○○カード」となります。私の場合は「楽天カード」になります。

銀行口座の引き落とし内容を登録する

カード利用分が銀行口座から引き落とされたら、銀行口座から「○○カード」への口座振替を登録します。 「銀行口座に入っていた資金をカードの利用に充てた」ものとして登録されます。

ここで間違いが起きます。

カード利用分が銀行口座から引き落とされた際に再び「経費」科目で登録してしまうことです。

会計知識が無い人にしてみれば、銀行口座からお金が出ていったのだから経費ですよね。。。。

でもクレジットカード利用時に経費で登録しているので、この時点で経費の2重登録になってしまいます。

この誤りをしている人、多い?

自動で明細を登録してくれるのは助かるのだけど、運用を間違えると大変です。

私のところに来る相談でも何件もあり修正申告書を提出された方もいます。

不安だなーっと思った方、freeeのヘルプページのリンクを貼っておきますので確認してみてください。

クレジットカードの利用内容を記帳する(一括払い)

まとめ

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。来週乗鞍高原に行くのですが、スタッドレスタイヤに履き替えようか悩んでいます。

コメント