CLOUD SIGNかNINJASIGNか

河野太郎行政改革担当大臣の押印廃止や収入印紙の見直し。

もうここまで来たら契約者は「電子契約」にしよう!

ひとり税理士でも使えそうな電子契約について検討してみました。

もちろんコストをかけたくないので「freeプラン」の検討です。

CLOUD SIGN

NINJASIGN

CLOUD SIGN

月額 0円

送信件数ごとの費用 0円

ユーザー数 1名

送信件数 5件

書類作成・送信

電子署名+タイムスタンプ

となっています。

NINJASIGN

契約書送信件数ごとの費用 0円

契約書送信件数 5通/月

テンプレート登録費用 0円

テンプレート登録件数 3個まで

メリット・デメリット

CLOUD SIGNではfreeプランでタイムスタンプが利用できるというのは、最大のメリットです。

NINJASIGNは契約書のテンプレートを登録できる点は魅力的なのですが、タイムスタンプは有料プランへの変更が必要です。

タイムスタンプとは?

対象の書類に対し「いつ」「何を」契約したかを技術的に証明するものです。

後のトラブル防止のためにタイムスタンプは必須かな?

まとめ

クラウド推進派としては「当事務所では電子契約をお願いしています」と言ってみたいので、早々に利用できるか検討して実践してみたいです。

【編集後記】

9か月ぶりに税理士会松本支部の例会が開催されました。

この時期に開催することに賛否両論ありますが、換気のための窓のすぐ隣の席だったのでとても寒かったです。

12月も開催を予定しているとのことで、12月はさらに寒さとの戦いになりそうです。

コメント