衝撃!!所得税年間0円の考え                    

枝野さん。所得税0円!!

昨日の夕方、YAHOOニュースに衝撃的な文言が!!「所得税1年間ゼロ」立憲民主党の代表の枝野幸男氏が。。。

年収が1千万円程度を下回る人の所得税を1年間実質ゼロにする考え

ホント、凄いとしか言いようがない発想と行動力。実現されればそれはそれで嬉しいかもですが、問題点を考えてみます。

年収1千万円の定義が曖昧

おそらく給与収入の人は1千万円ということだと理解しています。だって、自営業の場合、業種業態によって年収1千万円で原価9百万円の人と年収1千万円で原価5百万円では公平感が欠けてしまいます。

では、自営業の人はどうするのか?給与収入1千万円の所得金額8百万円位と同等に設定するのが妥当かな。所得金額8百万円以下。

サラリーマンならできませんが役員であれば定期同額なので、この1年は1千万円を下回る金額ににして、その分は来期に増やそうか?なんてこともできそうです。

1千万円超えそうなので、残業減らすか?ならまだいいけど、残業代は来年に!なんて事も起こりそう!!

財源どうするの?

令和元年分民間給与実態調査によれば、給与収入1千万円以下の人数は約5千万人、給与所得者の95%が1千万円以下です

給与所得者の税額が10兆7737億円、給与収入1千万円以下の税収が5兆342億円。さてこの5兆円の財源をどうするのでしょうか?

あくまでも給与書所得者だけの数字です。

ちなみにコロナ禍において支給された特別給付金の予算規模は12兆円でした。

現場は大混乱!!

税務の現場大混乱になるでしょうね、考えただけでもゾッとします。

地方税はどうなるんでしょうか?

働き世代で住宅ローン減税の恩恵を受けている人は一律給付の方が有難いのかな?

まとめ

結論から言えば、所得金額8百万円以下位から所得税0円ってことかな。実現すればね。

その金額に届かないように色々するんだろうな、実現すればね。

何故か性善説で考えられない。税務署に勤務しているとそうなるんです。

【編集後記】

今日、税理士になって初めての経験をします。

午前午後、そして夕方からと計3件のミーティングがあります。基本、1日1件にしているので、午前午後の2件でも稀なのですが、今日は3件。


コメント