税理士試験合格発表日!!

税理士試験合格発表日!!

本日、令和3年12月17日(金)は令和3年度(第71回)税理士試験の合格発表の日です。令和3年12月17日官報号外283号に掲載されています。いわゆる官報合格者ですね。

朝からSNSで官報に名前があった!!と盛り上がっています。

合格された570名の皆さん、本当におめでとうございます🎉皆さんが税務の現場で活躍されることを本当に楽しみにしております。私より、もっともっと若い方が活躍される業界でないといい人材が集まりないし、良い職場環境にならないと思います。

税理士試験免除者公告

私は何回か税理士試験を受験しましたが・・・無理でした。いや、ほんと難しいんです。では、なぜ私が税理士なれたのか?

税理士になるための試験を免除されたからです。

税務署に一定期間勤務した場合は、「国税従事者の免除制度」によって税理士試験科目が一部免除されます。この制度では①税務署に10~15年間勤務すると税法の試験が免除され②23年以上勤務して指定研修を修了すれば、会計学を含む全科目が免除されると定められています。

26年間税務職員として働き指定の研修を修了したことから①②をクリアして税理士の資格をいただきました。

簡単に書いてますけど、26年間勤続することも大変だし指定研修を修了することも簡単ではないです。色んな事がありましたが、今は税理士しています。

まとめ

税理士業界には若い人材が必要です。ほんと、IT を駆使してバックオフィスの効率化を進めないと大変です。言葉が適切ではないかもしれませんが、旧態依然の会計事務所では無理です。

なんか、いろいろあって、次世代の税理士と仕事をしたいと思う今日この頃です。

【編集後記】

地方にも若い税理士が必要です。そんなチャンスを奪ってしまったのではないかと少し後悔しています。

コメント