税理士事務所開業1ケ月で変化した3つのこと

令和元年9月1日に税理士開業を宣言して1か月が過ぎようとしています。

想像していたとおりのこと、想像外のこと色々ありました。辞職してから2ヶ月はゆっくり休んで令和元年9月1日を独立記念日として、気分はIndependence Dayのように。

今回はそんな1ケ月で変化した3つのことの話です。

  1. HP・ブログを始めた
  2. 来客が増えたこと
  3. 自分で考え、自分で決断し、行動する

HP・ブログを始めた

当事務所のHP・ブログを作成したこと。なによりブログを書き始めたこと。そしてブログを毎日更新していること。

興味がある事には色々と挑戦してみたくなる性格。長続きしないことの方が多いのが事実。言ってしまえば今までは趣味の範囲でしかやってこなかったから。

サラリーマンであれば確かな収入があり、色んなことに挑戦して止めても生活に影響はありませんでした。

しかし・・・。

今は違う。

ブログを書き続けることは、情報発信を続けること。当事務所を知ってもらうこと。税理士船着を知ってもらうこと。

今はまだ、何も結果はないけれど、止めたらダメな気がするから。

内容は些末なものだけれど、これからもブログを書き続けていこうと思います。

来客が増えたこと

当税理士事務所は、自宅兼事務所となっています。

税理士登録を完了させたあとから、営業の方の訪問数が劇的に増加しました。

会計ソフトの業者、会計・税務関係の書籍販売業者、顧問先紹介会社などなど

私の不在の時も来ているようです。息子曰く「スーツ着たおじさん(^^)/」らしいです。

飛び込み営業なのでしょうか、大変なお仕事だなと感心します。

自分で考え、自分で決断し、行動する

自分で考え、自分で決断し、行動する。

この1か月で一番変化を感じたことでしょうか。

すごく当たり前の事だけど。サラリーマンの時も自分で考え、自分で決断し行動はしていたと思います。ただ、常に私には上司がいて組織がありました。何かミスをしても上司が対応したり組織で対応したりとカバーしてくれる人がいました。

今は違います。自分で考え、自分で決断し、行動する。の重みが違うのです。

仕事をしても、遊んでいても、何をしても責任はすべて自分自身が負うこと。自己責任。

今はまだ、クライアントがいないので仕事の責任は全くないのですが、きっと、クライアントと顧問契約を締結して、サービスを提供することになれば、きっと、もっと自己責任という言葉の重みを感じることになると思います。

人に雇われない生き方。簡単そうで実は責任が重い生き方。

そんな生き方を楽しみたいと思う今日この頃です。

【編集後記】

9月最後の週末は久しぶりに娘に会いました。何より元気そうで学校の愚痴もありましたが、父親として幸せな時間が過ごせました。

コメント