生命保険一般課程試験を受験することに・・・。

生命保険一般課程試験って何?

縁あって大同生命様とお付き合いがあり、この度「生命保険一般課程試験」を受験することとなりました。

生命保険一般課程試験

生命保険募集人は保険募集を行うにあたり、生命保険に関する基礎知識を修得するために、資格試験および研修を受けることが義務付けられています。
この試験を「一般課程試験」といいます。
募集人は一般課程試験に合格のうえ、内閣総理大臣の登録と登録後研修を受けて、保険販売を行うことができます。

ということです。

試験方法はCBT試験

この試験はCBT試験で、問題数は50問。合格ラインは70点以上ということなので35問以上の正解が必要ですね。

出題の9割近くが選択問題ということなので、しかっりとポイントを抑えていくことが必要なのかと思います。

積極的な営業はしないつもりです。

実は生命保険募集人になったとしても、当事務所から積極的に営業をするつもりはあまりないんです。クライアントから要望があれば答える、そんなスタンスでいこうかなと思っています。

クライアントから聞かれて、当事務所は保険取り扱ってないんです。とならないように受け皿だけは用意しておこうという感覚です。

合格できるのだろうか?

ネットで検索するとかなり難易度は低い試験のようです。

一夜漬けでも対応可能。余裕をもって1週間前から勉強を始めましょう!というコメントもありました。

問題内容も分からないので、とりあず大同生命様から頂いた模擬試験を初見、NO勉強で挑戦してみようと思います。

ということで、挑戦した結果67点と不合格!!ちゃんと勉強しようっと。

まとめ

最近、あっちもこっちも試験や資格更新の研修やらで嫌になってきました。

なんか、ずーっとインプットの時間です。

【編集後記】

2日連続でグラウンドで⚽ボール追っかけるのは控えようと思います。

体が悲鳴を上げています。

コメント