今さらだけど「令和4年度税制改正大綱」

令和4年度税制改正

成長と分配の好循環の実現に向けて、多様なステークホルダーに配慮した経営と積極的な賃上げを促す観点から賃上げに係る税制措置を抜本的に強化するとともに、スタートアップと既存企業の協働によるオープンイノベーションを更に促進するための措置を講ずる。また、カーボンニュートラルの実現に向けた観点等を踏まえ、住宅ローン控除等を見直す。加えて、景気回復に万全を期すため、土地に係る固定資産税等の負担調整措置について、激変緩和の観点から所要の措置を講ずる。具体的には、次のとおり税制改正を行うものとする。

と、令和4年度税制改正の大綱では言っております。

税制大綱の書き出しは毎年こんな感じです。まー全体のイメージを書いています。

82ページの長編スペクタクルな税制大綱

毎年思うのですが、税制大綱のボリュームが多すぎて、もとより改正前の条文を正しく理解しているかと言えば、それはそれで疑問なんですけど。

令和4年度税制改正大綱

とは言え、1度は読んでトピックスだけでも理解していかいないと税理士として問題ありになってしまいます。

また、税制とは直接関係ないのですが納税環境の整備の一環として「税理士制度の見直し」も含まれています。「懲戒逃れの税理士等への制裁措置の整備」や「事務所設置規制の整備」なども盛り込まれていました。

インプットの時間を作ろう

年明けから年末調整、法定調書、確定申告なのど仕事に追われる日々!?でした。確定申告が終わりましたので、これから少しインプットの時間を意識的に作って情報収集をしたいと思います。

まずは、税制改正、そして。。。書籍。

【編集後記】

今日、クライアント様がコーヒー豆を届けてくれます(^^♪

コメント