ベスト・オブ・ブリード(Best of Breed)とは?

ベスト・オブ・ブリード(Best of Breed)とは?

最近のセミナーで覚えた単語です。

意味は「最善の組み合わせ」らしいです。


Best-of-Breedとは、ベンダーの違いにこだわらず好きなように組み合わせていく。例えば、CMSはDrupal(オープンソース)、アクセス解析はGoogle Analytics(Google)、Eメール配信はSalesforce Marketing Cloud(Salesforce.com)のようなイメージだ。
Best-of-Breedのメリットは、「必要な機能を自由に組み合わせてプラットフォームを作れる」「新しいツールのトライアンドエラーをしやすい」と理想的に聞こえるが、デメリットとして「システム・データの連携の工数が読みにくい」「窓口や保守がベンダー毎に異なる」という部分がある。


デジタルマーケティングジャーナル より引用

数多くあるSaaSから各分野で使いやすい最適な製品を組み合わせる、いいとこどりの考え方です。

会計freeeではカバーできない、会計freeeより効率的なSaaSを組み合わせるという概念かな。

スイーツ( Suites) とは?


1社のベンダーに統一する戦略のことで、例えばマーケティングテクノロジーならすべてAdobe製品に統一(CMSはAdobe Experience Manager、ログ解析はAdobe Analytics、Eメール配信はAdobe Campaignなど)していこうという戦略だ。
Suitesの選択肢は当然大手ベンダーの数社に限られる。Adobeに加え、IBM、Oracle、Salesforceなどが主要なSuites提供ベンダーであり、XX Marketing Cloudというブランド名で複数のマーケティングテクノロジーを取りまとめている。
Suitesのメリットは、「システム・データ連携を前提としている」「保守やサポート、営業の窓口が統一される」などだろう。デメリットとしては、「他ベンダーの製品との連携がしにくい」「ベンダーの製品アップデートや買収にプラットフォームの進化が依存する」といったところだろうか。


デジタルマーケティングジャーナル より引用

ベスト・オブ・ブリードの真逆の概念です。

まとめ

当事務所の方向性はベスト・オブ・ブリード に近いです。

会計freeeを中心にSaaSを組み合わせるてバックオフィスの効率化を提案していきます。

【編集後記】

今週はスケジュールぎっしりでした。

それも明日まで・・・あと1日頑張ります。

コメント