STREAMEDを使ってみたい!!

中小企業のバックオフィスの1つに経理業務があります。

経理担当を雇用できればいいのですが、そこまでは多くない。

けれど代表者自ら行うには時間がない。

当事務所のお客様でもそのような方がいます。

そんな悩みを解決してくれるSaaSが「STREAMED」です。

先日のBrownies FES. Specialで初めて知ったのですが・・・。

STREAMED とは?

スキャナやスマホで送れば翌日データ化

領収書やレシートを99.9%正確にデータ化、そのままインポートできる経理業務や確定申告の効率化サービス

これって、凄くないですか?

今まで社長や経理担当が会計ソフトに入力していたものを、翌日にはデータ化してくれるのです。

会計ソフトにインポート

当事務所でも使用しているfreeeはもちろんのこと、マネーフォワードや弥生会計、MJS、JDLなどにもインポートできるんです。

料金体系は?

便利だけど費用が気になりますよね。

料金体系は「ライト」「ベーシック」「プレミアム」の3形態です。

安くないですか?

freeeを使い、更にインターネットバンキングなどをAPI連携して自動経理にして、現金取引などをSTREAMEDで処理しても金額的にも時間的にも大幅に削減できると思います。

「ライト」プランでも十分効率化になります。

まとめ

経理担当を1人雇用するより、とても効率的。

スピード感も最高!!

もう、これはクライアントに紹介してやってもらうしかないです。

【編集後記】

まだまだ知らないSaaSが沢山あって、新しいSaaSを見聞きすると驚きの連続です。

なんとか、クライアントのバックオフィス効率化に繋がればいいなと思います。

コメント