STREAMEDの中の人とのひととき。

STREAMEDの中の人とのひととき

昨日の14時から15時少しすぎまで・・・STREAMEDの担当者様とZoomでミーティングを行いました。

私自身が思い悩んでいることをお話したり、またSTREAMEDの特徴などをお聞きすることができてとても充実した時間でした。

担当者の方も分かりやすく説明していただき、また、私の疑問にも丁寧に答えてくださいました。

STREAMEDとは何か?

紙をスキャンするだけで仕訳データ化するクラウド記帳サービス」です。

  1. スキャンするだけ簡単操作
  2. 手書きの領収書も99.9%正確
  3. 1営業日でデータ化

すごくないですか?

費用はSTREAMEDのHPで確認してください。

スタートアップ企業には是非導入を考えていただきたい。

せっかく会計freeeを導入してタイムリーに経営指標を把握できますと、freeeの人のような営業トークで導入までしてもらったのに、結局入力が滞ったら意味がないではないですか。

通常業務の他に間接業務に時間を取られて・・・。

だったら思い切って外注に出してしまうのがいいと思う。

1営業日でデータ化してくるんだから。

freeeとはAPI連携していないけど、CSVでデータの取り込みできるんだから。

API連携してくれたら最高なんだけど。

(STREAMEDはマネーフォワード系なのでfreeeとのAPI連携は厳しい。)

クラウド記帳サービス

クラウド記帳サービスは、実はfreeeも行っています。

先日はinvoxの説明聞きました。

現状、STREAMEDが一番好感触です。

invoxは請求書のみ

freeeは領収証と通帳のデータ化が別料金、軽減税率に対応していないなどの不安があります。

その点、STREAMEDは基本的な証票類に対応、軽減税率も対応しています。

費用対効果、データ化のスピード、データ化できる資料の範囲などなど総合勘案してSTREAMEDがいいかな。

まとめ

まだ、実際に運用していないのですが年明けから記帳代行の方も増えそうな気がするので前向きに検討しようと思います。

ホント、STREAMED良いです。

【編集後記】

我が家の田んぼとお隣の田んぼ。

お隣の田んぼが宅地になるということで、境界を確認したところ・・・。

なんと!

現況の杭と測量図が相違するという衝撃の事実。

これから市の担当者様立ち会いのもと、境界の確認をしてきます。

コメント