MFクラウドを初めて触ってみた?という話。

クラウド会計といえば。。。

クラウド会計といえば「freee」「マネーフォワード」「弥生会計」が代表的なソフトになります。その他にもありますが、、、。

ほかの税理士事務所では「freee」も「マネーフォワード」も利用していますという話を聞きますが、当事務所では「freee」しか利用していません。

問い合わせいただく方の多くは起業されたばかりの方が多く、会計ソフトを利用していない状況からのスタートになりますので「freee」導入を前提に話をさせていただいているので他のソフトがどんな感じなのかは全く知りません。

MFクラウドを初めて触ってみた

新規のお問い合わせがありお話をお伺いするなかで、現在「MFクラウド」を利用中とのことで少し画面を確認しながら触らせてもらいました。

実際に入力をした!とかではないので画面の構成とか文章では上手く書けないのですが、へーとかほーとかそんな感想(語彙力が足りない)でしか表現できなくてごめんなさい。

詳しい機能は分かりませんが。。。

MFクラウドの詳しい機能の事は分かりませんが、概ねfreeeと同じような事ができるのではないかと、そう思いながら現在の経理方法を伺ったのですが、おそらくMFクラウドの機能を使いこなせていないんだろうなーという感じでした。きっともっと効率的に経理ができるんじゃないかなと。もったいない。

MFクラウドに限らず、freeeでも同じなのですが「えっ!そんな機能があるんだ!」という機能があって、もちろん契約しているプランにもよりますがクライアントが知らない機能が結構あって使いこなせていない部分があって、これはソフト提供するベンダーにも責任があると思っています。

まとめ

freeeを使ってもMFクラウドを使っても、はたまた他のソフトを利用したとしても、そのソフト利用しただけで経理が楽になるというものではなくて、そのソフトに合わせて経理方法を変更するとか、ソフトの習熟度を上げるとかしないと決して経理は楽にはならいないということを感じました。

さて、今回、お問い合わせいただいたお客様、やっぱりfreeeに乗り換えてもらおう!うん、そうしよう。

【編集後記】

胃腸炎になってから8日目。今日は少し楽なような気がします。3月末だというのに体調を崩して仕事が滞っています。組織に属していれば誰かが代わりに対応するのでしょうが、ひとり税理士だとそうはいきません。

改めて体調管理の重要性を認識しております。確定申告期間中ではなくホントよかった。

コメント