kintoneの沼にはまる。

kintoneの沼にはまる

前回に引き続きkintoneネタです。

前回は「クロス集計」まで書きました。

その他に何ができるのか?触りながら色々考えていたのですが、同じ文言を何度も入力するのが嫌!時間が無駄。

何かいい方法はないの?

調べているうちに「アクション」という機能があることが分かりました。

アクション機能とは?

kintoneのアクション機能とは?

アクションを利用すると、指定したアプリにレコードのデータを転記できます。
たとえば、注文管理アプリで毎回お客様の情報を手入力している場合、すでに別のアプリで管理している顧客リストから転記する、といったことが可能です。

データの転記が簡単にできるという優れた機能です。

もちろん入力した文章もしっかり転記できます。

これ感動しました。

次やりたいこと

クロス集計で得たデータをアプリに引っ張れないのか思案中です。

クライアント別の工数を確認して顧問報酬と比較してコスト分析したいんだけど。

Twitterで呟いて解決しようと思っています。

・・・ひとり税理士でkintoneを使うことについて呟いたら、ひとり税理士でも開業当初からkintone使ってますという返信がありました。

Twitter凄い。

まとめ

確定申告が終わって、色々と試せる時間が楽しいです。

【編集後記】

今日、税理士会があるんですが、大人数集まって大丈夫なんだろうか?

不安です。

コメント