freee 重複チェエク機能を使おう!!

2重計上を防ごう

どの会計ソフトを使っていても「2重計上」という問題はついてくるもの。

特にfreeeのようなクラウド会計でレシートなどをスキャンして取り込んでいると、2重計上散見されます。

帳簿残高の不一致を招いたり、正しい経営指標が把握できないなど問題があります。

なぜ2重計上が起きるのか?

基本的にはヒューマンエラーです。

同じレシートを2度入力してしまう。

クレジット明細を現金払い処理してしまう。

考えらることは多々ありますが、ヒューマンエラーです。

エラーは防げる。

クライアントにお願いしているエラー防止は、入力したらレシート等の書類にチェックレ点を入れる事、ちなみに私は緑色の鉛筆でチェックを入れます。

チェックを入れるだけで2重入力を防ぐことができます。

さらに、入力済みのレシートとは必ず別保管にする。

2重計上の傾向として、かなりの時間が経過してから再度入力するケースが多いです。

freeeの重複チェック機能を使う

人間の目に確認するにも限界があります。

税理士だから・・・全部確認できるわけではありません。

そこでfreeeの「重複チャック」を利用することをお勧めします。

会計ソフトの機能を使って、2重計上をチェックします。

金額、科目等で網をかけるので、ちょっと数が多くなるケースもありますが役に立ちます。

改良が必要な重複チェック

重複チェックを行う度に、毎回同じ取引が抽出されます。

あれっ?前回も確認したかな・・・ということがあります。

ここは改善の余地ありです。

【編集後記】

本日、freeeの開発に携わる方3名とお話する機会がありました。

色々、貴重なお話をお聞きすることができて、充実した時間でした。

コメント