freee申告で年調・法定調書を電子申告してみた・・・という話

freee申告で年調・法定調書を電子申告してみた・・・という話

経験値不足が否めません。freeeを使っての年調・法定調書を電子申告する!!というミッションに挑戦中です。

一気通貫で正しく入力していれば・・・正しく反映される。言われればその通り。これが実に上手くいってなくて、エラー続出。簡単なのは良いんです。簡単なのは。

freee使いなれている税理士なら、そんなの当たり前!!って思われるかもですが経験値が不足していまして。。。

なるほど、ここを正しく、こう入力しておけば法定調書にビシッと反映されて手間いらずになるんだと気づき、慌てて修正している状況です。

沼にハマるのは報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書合計表不動産の使用料の合計表かな?

1個1個集計していたんじゃ、きりがない。そして沼にハマっています。

freee会計で取引先の設定を行う

法定調書合計表にしっかり連動させるには、事前に取引先の詳細を登録しておく必要があります、特に事業所種別(法人or個人)を入力しておく必要があります。片っ端から弾かれました。

作成できる支払調書は4つ

  1. 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
  2. 不動産の使用料等の支払調書
  3. 不動産等の譲受けの対価の支払調書
  4. 不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書

ここでもfreee会計で正しく入力しておかないと、データ連携が上手くいかないんだな。

さて、どうやって落とし込もうか悩みどころ、自動登録ルールを上手く使って整理できるかなー。

まとめ

クライアントで年末調整も源泉所得税の納付書も作成済み、あとは法定調書合計表だけ!!というところがあるので、これから試行錯誤してみようと思います。

これできれば、もっと効率化できるはず!!

今日中に何とかしようっと。。。

【編集後記】

だんだん、忙しくなってきた。なんとかジムに行く時間を作らねば。

コメント