freee会計 楽天銀行口座同期サービス終了!!

freee会計 楽天銀行口座同期サービス終了!!

昨日、クライアントとミーテイングしている際に「ピコーン」とメール受信のメッセージが届き、普段ミーテイング中はメールの内容を確認しないのですが、何故か昨日はチラッと見てしまったのです。

そうしたら、、、

freee会計 楽天銀行口座同期サービス終了に伴うご対応のお願い

はっ?えっ?何それ。さすがにメールの内容までは見られなかったのですが、件名だけでインパクト大です。

楽天銀行との契約終了とのこと

メールには楽天銀行との 「楽天銀行口座の同期機能」との契約が終了とのこと、スタートが2020年3月からだったので2年間で終了したことになります。なぜ契約終了になったのかは不明ですが、これからは「楽天銀行のインターネットバンキングからダウンロードしたCSVファイルを、freee会計へアップロードする」という方法になります。

これは一手間増えます。

その後、freeeの担当者様から連絡がありました。楽天銀行とは引き続き同期再開に向けて協議を続けるとの話だったので期待したいです。

クライアントへの説明

当事務所でも楽天銀行をメインとしているクライアントがおりますので、少なからず影響はありますが、しっかりとフォローアップしていこうと思います。

ちなみに当事務所も楽天銀行を利用しているので影響はありますが、取引数は少ないので何とかなるかなといった感じです。

荒れるSNS

freee会計 楽天銀行口座同期サービス終了に伴うご対応のお願い」というニュースが発表された直後からSNSが荒れていました。

「freeeを使うメリットがなくなった、マネーフォワードへ乗り換え!」

「API連携できないなら、楽天銀行解約」

「○○すれば連携できる?」

ネガティヴな発信もあれば、ポジティブな発信もありました。

当事務所は「freee認定アドバイザー」なので、freee解約という選択肢はないのですが、一般ユーザーにとっては大問題のようです。IT系のクライアントは楽天銀行ユーザーが多いです。

まとめ

契約満了に至る経緯については、末端ユーザーである我々は知る術もありません。SNS上で呟かれている情報の真偽も分かりません。ただ、願うのは楽天銀行側、freee側双方が歩み寄っていただき、一般ユーザーである我々の利便性を考えていただければと、切に願うばかりです。

また1つ、仕事が増えました😭

コメント