freeeの営業担当から電話がきた件。

frreeの営業担当から電話がきた件。

先日、freeeの営業担当から電話がありました。

内容は「6カ月の利用金額キャッシュバックキャンペーン中」のご案内でした。

???。

既に認定アドバイザーとして、freeeを利用しているのだがなぜ?

話を聞いてみると、どうやら当方で進めている会社設立手続きを「会社設立freee」で行っているのですが、その際に無料プランのままだったので「6か月間のキャッシュバックあるのでfreee使ってみませんか!」ということでした。

という事で、詳しい話を聞いてみることにしました。

記帳代行のKANBEIとの契約が必須

詳しい話を聞いてみると、「株式会社Wizクラウド」という会社が提供する「記帳代行KANBEI」との契約が必須、さらに、freeeのおまかせサポートプランの契約も必須。

以下参照してね。

◆会計freee for おまかせはたラクサポート(ベーシックプラン)
L 5,258円/月
◆おまかせはたラクサポート
L 3,850円/月
※上記2つの料金の6か月分を、キャッシュバックさせていただきます。

◆KANBEIベーシックプラン(記帳代行)
L5,500円/月・・・半年間請求がありません。

【注意点】
今回の契約は、NTT東日本様から請求が入ります。

こんな感じです。

会社設立freeeで年契約していたら・・・

結論は、「半年間は無料でfreeeが使えますよ」ということです。

半年経過したら「おまかせはたラクサポート」「 KANBEIベーシックプラン(記帳代行)」だけ解約すればfreeeだけ継続して使えるようです。

今回は会社設立freeeで手続きを進めて、その時点freeeと有料契約しなかったから案内が来たものと推察されます。これで6か月間は無料でfreeeが使えるということですが、何も知らずに年契約していたら、このキャンペーンの対象にならなかったということで、なんか変な感じがします。

おまかせはたラクサポート

freeeの使い方が分からなかったら、サポートしてくれるようです。

これがビジネスになるってことは(当事務所もビジネスにする予定)、逆に考えるとfreeeのサポート体制が脆弱であると言っているような、それを自ら営業しているのも不思議な感じです。

まとめ

結果、6か月間キャッシュバックという言葉に誘われ契約してみました。

もちろん半年後にfreee以外は解約です。

認定アドバイザーですが、使い方が分からなかったらサポートしてもらう予定です(^^♪

【編集後記】

ベルフェイスという画面共有アプリを使いました。

コメント