Bixidに挑戦中!!

Bixidに挑戦中!!

最近、Bixidに挑戦しています。まだまだ触り始めたばかりで、何ができて何ができないのか?クライアントに何が提供できるのか?Bixidを活用して収益化が図れるのか?等々疑問ばかりです。

ということで、本日はBixidの主催する 「関与先を黒字化にするためのセミナー(アーカイブ配信)」を受講しました。

3番目に登壇された税理士法人SHIPの代表社員税理士 鈴木克欣さんのお話が大変参考になりました。クライアントのマインドセットの手法、要は毎日数字を見ることの重要性についてお話しされており、ストンと納得がいく感じがしました。

やれない言い訳ばかりを考える

前述した鈴木先生のお話では、Bixid を活用して黒字化したクライアントの事例発表がありました。売り上げ規模が数億単位であり報酬額もセカンドオピニオンで10万円( ;∀;)からで5億以上だと15万円( ;∀;)

なかなかの金額です。ただ、それだけ支払ってもしっかり黒字化できていたので企業にとっては適切な支出なのだと思います。

一方、当事務所のクライアントと比較すると、売り上げ規模においても雲泥の差があり日々の記帳も遅れがち、毎日が一生懸命で数字を見る余裕がない!といったクライアントが多くBixidをどのように活用していくのか?悩みどころです。

セミナーが充実

何が正解なのか分からないけど「bixidで始める!経営の強靭化セミナー」というセミナーがあるので22日に受講します。24日にはBixidの中の人のサポートを受けます。悩んでなんかいられない、成功するか失敗するか分からないけど、やってみないと分からない。

これが一人税理士の良いところ、とりあえず、触って挑戦してみる。

7月11日には「悩める経営者×伴走型会計事務所マッチング事例大公開!」「3組の経営者と会計事務所が建前なしの「ホンネ」で語るWEB座談会」と副題がついているセミナーにも参加してみようと思います。

常時視聴可能セミナーもあるので片っ端から受講しようっと。

BixidのHPより引用

まとめ

税理士を開業して3年目、何か付加価値をと思い試行錯誤しております。

【編集後記】

新規の問い合わせがあった方とZoomでミーティングをしました。別の会計事務所ともお話をされていたとのことですが、当事務所を選んでいただけることになりました。素直に嬉しいのと、これからどうのように企業が成長していくのか楽しみです。

コメント