法人役員の個人的費用が・・・経費に。

会社所有のジェット機をプライベートで頻繁に使用し、国税当局から是正という記事がありました。

税務調査の際に、指摘されることが多い事項です。

私も多くの調査で指摘してきました。

特に多いのは「ひとり社長」と「オーナー企業」。

国税当局との見解の相違・・・ということもありますが。

一番大切なのは意識の問題だとは思うのですが・・・。

その経費、ホントに事業に関連性がありますか

自分の価値観だけで判断すると間違えてしまうこともあります。

第3者からみて、客観的にみて事業との関連性があると説明できますか?

そういった意味では、内部けん制はとても重要なのですが、ひとり社長やオーナー企業では内部けん制が上手く機能していないケースがありました。

この内部けん制に税理士が入り込む余地があるのか?

当事務所では、原則「自計化」をお願いしていますので、全ての取引を1つ1つ確認するのは困難です。

クライアント様個々の事情にもよりますが、コミュニケーションをしっかりとりながら対応していかないと思います。

【編集後記】

父親の作るいちご🍓が豊作です。

食べきれません。

コメント