2022FIFAワールドカップ アジア2次予選 日本 VS キルギス TV観戦記

カタールW杯のアジア2次予選の4試合目、キルギス戦。

絶対に負けられない戦いがそこにある

芝生 荒れあれ!

芝生を緑の塗料で塗っているあたりは、すごい光景でした。

両チームの多くの選手が足を取られシーンがあり、普段のプレーとは程遠い感じでしたね。

数字だけみれば互角?

ボール支配率は42%:58%と若干日本が上回りますが、シュート数は両チーム13本と互角。

決定機も両チーム何回もありました。

パスの数は308本と463本と日本の方が多いですが、縦に長いボールを多用するキルギスとショートパスで繋ぐ日本で差がでるのは当然の結果。

長友サイドに多くのサイドチェンジのボールが出されていたのがその証拠。

コーナーキックは5本と3本でキルギスの方が多かった。

権田の活躍が救った。

何度か日本のピンチがありました。

GK権田がしっかりとセーブしてくれて失点を防ぐ場面。あの場面で失点していたら、試合の流れが違ったのではないかと思ます。

勝ち点3を取れたことは重要

内容はとにかく、負けられない試合で勝ち点3を取ったということはとても重要。これでグループ突破が見えてきたのかな。

まとめ

アジアのアウエーの試合は、いつの時代も厳しいものがあります。

そんな中、PKとFKで勝ち切った試合は、やっぱり日本は別格なのかなと。

次の試合は来年3月26日に日本での試合です。

あー確定申告で一段落していたら観戦にいけるかな。行きたいな。

【編集後記】

卒業していった教え子(高校2年生)2人がお土産を持ってきてくれました。超嬉しい(#^^#)

コメント