長野県支部連合会主催研修「混迷の税法解釈を検証する」

個人的にこのテーマと内容好きです。

国税局時代に調査審理課に3年勤務したことが大きく影響していると思います。

税理士としてクライアントと接する際には全く役に立たないけれど・・・。

税法の考え方みたいのが面白いです。

講師の先生は「中央大学名誉教授 税理士 大淵博義氏

国税OBの先生ですね。

なかなか今日意味深い研修でした。

ちょっと5時間は長いけどWeb開催なのでリラックスして受講できるのでGOOD

現場でもいくつか租税回避行為を見ましたが、税法解釈って難しいですね。

これから先、実務で租税回避スキームや行為計算否認の事例に遭遇することはまず無いかな。

【編集後記】

明日から4連休。

全部サッカー!

コメント