金沢百万石まつりに行ってきた。という話。

金沢百万石まつりに行ってみた。

偶然なんですけど、金沢に行く予定と「金沢百万石まつり」の日程が重なりました。

で、ですね。そもそも金沢百万石まつりとは何ぞや?という話ですよ。以下、金沢百万石まつりの公式HPからの引用です。

金沢百万石まつりは、加賀藩祖・前田利家公が天正11(1583)年6月14日、金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催されています。6月14日の日付は尾山神社誌に基づきます。
 尾山神社での封国祭に合わせて、大正12年から昭和20年まで金沢市祭として行われてきた奉祝行事がルーツで、終戦後は進駐軍の指導により昭和21年から6年間、尾山まつりとして尾山神社奉賛会によって開催されました。
 現在の金沢百万石まつりは、昭和27年に金沢市と金沢商工会議所が中心となって開催した商工まつりが第1回目となります。その後、豪華絢爛な百万石行列をはじめ、400年にわたり受け継がれてきた金沢ならではの伝統ある行事が賑やかに繰り広げられる現在の姿に発展しました。
 昭和59年(第33回)に初めて、百万石行列の主役である利家役に俳優を起用して以降、全国に発信できる初夏の一大イベントに成長しました。

という、由緒正しいおまつりなのです。コロナの影響もあり3年ぶりの開催とのことでした。

21世紀美術館にも行ってみました。

私自身、何度目の金沢市に来たのか覚えていないのですが、以前から訪れたいと思っていた21世紀美術館に行くことができました。

午前中は美術館で色んなものを鑑賞して満足いく時間を過ごすことができました。

21世紀美術館に金沢百万石まつり、そして美味しいご飯。とても充実した1日で満足です。

【編集後記】

人は失敗して初めて成長するものだと信じています。

コメント