譲渡所得、、、取得費が分からないんだが。

譲渡所得の取得費が分からない。

何十年も前に購入したマンションを売却したんだか、契約書とかなくて取得費が分からないんだかどうすればいいのでしょうか?

国税庁のHPによれば「売った土地建物が先祖伝来のものであるとか、買い入れた時期が古いなどのため取得費が分からない場合には、売った金額の5%相当額を取得費とすることができる」 とあります。

なるほど、売却額の5%か?。。。ちょっと待って。私の記憶では購入価格はもっと高かったはず。売却額の5%では納得いかない。

そもそも取得費とは何か?

所得税法第38条に係れています。

譲渡所得の金額の計算上控除する資産の取得費は、別段の定めがあるものを除き、その資産の取得に要した金額並びに設備費及び改良費の額の合計額とする。」 とあります。

つまり、契約書や領収証が必須ではないということでしょう。

ですが、口頭で○○円で購入しました!!と言っても信ぴょう性の問題があるので、税務署が認める可能性は少ないでしょう。

結局、どうすればいいの?

不動産を購入した際の金額が分かる資料が必要です。

例えば、販売した不動産会社に確認するとか?マンションの管理組合に確認してみるとか?登記簿の乙欄の抵当権設定額を確認してみるとか?

一般財団法人日本不動産研究所が公表している「市街地価格指数」を基にして、土地の売却価格に指数の割合を乗ずることにより購入当時の価格を推定する方法なんかも色んなHPで紹介されています。

ですが、これがあれば100%OKですとは言い切れないので、色んな資料を集められるといいかと思います。

まとめ

結論から言えば、契約書は購入時も売却時も保存しておくことが重要だという事ですね。

【編集後記】

調査立会は精神的に疲れます。もう今日は寝ます。

コメント