税務調査では何を見られるのか【現況調査編】

税務調査では何を見られるのか?第3弾・・・【現況調査編】です。

現況調査とは

現況調査とは、大きく分けて2通りあります。

1つ目は、国税局や税務署の調査官が事前連絡なしに突然、税務調査に来ることを「現況調査」といいます。

国税通則法改正により以前より件数は減少したものの、今も現況調査は行われています。

2つ目は、事前連絡はあったのだが、税務調査の過程で「現況調査」を行うというものです。

???

1つ目と2つ目・・・事前連絡のあり・なしでは?

現況調査」とは、その字のごとく現在の状況を確認する調査です。つまり調査官は調査に臨場して社長の机、経理担当の机、レジ周りなど日々の状況を調査するのです。

したがって、事前連絡すると綺麗にしてしまう恐れがあるの、事前連絡なしに来るのです。

ちなみに国税通則法第74条の10では次のように書かれています。

税務署長等が調査の相手方である納税義務者の申告若しくは過去の調査結果の内容又はその営む事業内容に関する情報その他国税庁等若しくは税関が保有する情報に鑑み、違法又は不当な行為を容易にし、正確な課税標準等又は税額等の把握を困難にするおそれその他国税に関する調査の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあると認める場合には、事前通知を要しない。(ちょっと分かりやすように加工してあります。)

現況調査は必ず受けなければならないのか?

税務調査は「任意調査」です。納税者の承諾がなければ行うことができません。

現況調査は断ることができます。

ある日突然税務調査に来られたって、会社にだって社長だって予定というものがあります。

顧問税理士だって予定があります。

事前連絡ありの税務調査で「現況調査をしたい」と言われても断ればいいのです。

調査官に必要と言われた帳簿資料を提示しているのだから、その範囲で税務調査を実施すればいいだけのことです。

もう、国税OBとは思えない発言をお許しください。

まとめ

調査官による現況調査があるとかないとかの前に、日々書類を整理整頓しておくことが重要です。

日々、きちんと整理されていれば何の問題もないはずなのだから。

なぜ、こうも税務署は現況調査にこだわるのか?

それは、現況調査を行うことで脱税を発見する可能性が高いから、現に現況調査で不正が把握されることが多いのです。

【編集後記】

自分のデスク周りを整理しないと、大変なことになっています((+_+))

コメント