税務当局に寄せられる情報・・・タレコミ

税務当局に寄せられる情報

いわゆるタレコミ・密告の類です。

国税庁のHPでも「課税・徴収漏れに関する情報の提供」のサイトがあり広く国民からの情報提供を受け付けています。

そのサイトにはこれまでの提供を受けた情報の例が掲載されています。

ちなみの次のようなことが書かれています。

・租税回避スキーム(節税商品や特定の取引手法を利用した租税回避など)に関する情報やその組成・販売をしている者又は利用をしている者に関する情報
・虚偽の売上金額(収益)や必要経費(費用)に基づく経理等により、不当・不正に所得金額等を低く(又は還付税額を多く)申告している者及びその手口の情報
・事業が活況を呈するなど、申告する必要があると考えられるにもかかわらず申告をしていない者に関する情報
・他人名義での取引、他人名義の口座等を利用した取引又は事実に基づかない契約書、領収書、請求書、納品書等の書類の作成、交付、作成依頼等(白紙領収書等の交付依頼等を含む。)を行っている者に関する情報
・海外で稼得した所得に係る課税を免れている者や各国の税制の違い・租税条約を利用して課税を免れている者に関する情報
・国税を滞納しているにもかかわらず、財産を隠匿している者に関する情報
・上記のような者の協力者に関する情報

この他、封書で届くタレコミや電話でのタレコミなどにより日々情報が寄せられています。

情報提供があると、すぐ調査されるの?

答えは「NO」です。

税務当局に寄せられた情報は、その内容を精査し蓄積されていきます。

実はこの内容の精査がとても大切なんです。

寄せられる情報の多くは妬み恨みや「申告してないらしい」とか「脱税してるらしい」とか

税務署が調査に入るだけの根拠が提示される情報は少ないのです。

私も調査を実施したら、寄せられた情報が違った!という苦い経験があります。

ですが、中には実際の脱税の手口や簿外口座の存在を提供されたケースもありました。

確度の高い情報は、間違いなく内部の人からの情報提供ですね。

こんな時代だからこそ

1年前では全く想像もできなかった、コロナ禍の時代。

個々の事情は異なるけれど、適正に申告して納税していきたいと思います。

また、クライアントのにも適正申告と納税を遵守するよう話をしていきたいと思います。

【編集後記】

自宅兼事務所に新しい珈琲メーカーを設置しました。

美味しい珈琲を飲みながら、気分良く仕事いたいと思います☕

コメント