止める、蹴る、走る、、、基本大事

止める、蹴る、走る

コロナの影響で暫くの間リーグ戦が延期となっていましたが、本日、久しぶりに開催されました。

保護者の方の観戦ができない、いわゆる無観客試合での開催です。

で、、、試合の結果は別として、改めて思ったことはサッカーの基本である止める、蹴る、走るが大事だという事。ホントボールが止められない選手が多いこと、多いこと。

川崎フロンターレで監督をしていた風間八広氏が止めるにこだわった話は、中村憲剛選手が色んな媒体でお話されているので有名な話です。

また、ブンデスリーガや鹿島アントラーズで活躍された内田篤人氏も止めるの重要性をお話されています。

何度も書きますが、止めるという基本技術は大事だという事が改めて重要なんだと思わせる試合内容でした。

昔はトラップ、今はコントロール。

自分が子供の頃はトラップ!と言われていたような気がしますが、今はコントロールと言われてるかな。

自分に所に来たボールをコントロールする。自分の右側に置くのか、左側に置くのか、正面に置くのか。大きく持ち出すのかなど次のプレーを意識した置き所が大事。

次回、トレーニングのテーマはパス&コントロール

次回のトレーニングは、なんと久しぶりに私がメインで見ることになるので、テーマは「パス&コントール」でいく予定です。

改めて基本からの練習をします。

基本大事

まとめ

と、いうことでこれから日曜日のトレーニングメニューを考えようと思います。上手く選手に落とし込めるか、、、楽しみです。

【編集後記】

トレーニングメニューを考える前に、MINIの携帯ホルダーの取付をしてきます。

コメント