東京オリンピック開幕

今夜、東京オリンピックが開幕します。

コロナ禍で開催することに賛否両論ありますが、選手にはリスペクトしています。

さて、今回はオリンピックを巡る税金の話です。おそらく4年に1度この記事を書くことになると思います。

メダル獲得で報奨金

オリンピックでメダルと獲得するとJOC(日本オリンピック委員会)、JPSA(日本障がい者スポーツ協会)、JOC加盟団体、JPSA加盟団体から報奨金が支給されます。

ちなみにJOCの場合は金メダルで500万円の報奨金が支給されます。

岩崎恭子さんが初めて?

私の記憶だと1992年バルセロナオリンピックでの競泳女子200M平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子さんが報奨金を受領した最初の方だと思います。

そして当時14歳だった彼女は報奨金を獲得したものの課税対象だったと。。。

現在は非課税扱いです

所得税法第9条に第1項第14号でオリンピック関係の非課税規定が設けられています。

オリンピック競技大会又はパラリンピック競技大会において特に優秀な成績を収めた者を表彰するものとして財団法人日本オリンピック委員会、財団法人日本障害者スポーツ協会その他これらの法人に加盟している団体であつて政令で定めるものから交付される金品で財務大臣が指定するもの

まとめ

まさか自分が生きているうちに日本でオリンピックが開催されるとは思いませんでした。

そして、まさかそのオリンピックがコロナの影響で、こんな形で開催されるとは思いませんでした。

競技会場へ行くことも、選手を直接応援することもできないけどTVの画面で応援していこうと思います。

そして次回のパリオリンピックでは全ての選手が安心して参加できる、そんな日が来ることを祈っています。

【編集後記】

よし、涼しい時間帯に散歩行ってくる。只今の時間、午前5時40分。

コメント