弥生会計からfreeeへデータ移行にチャレンジする

新規のクラアント様が弥生会計を使用されていたことから、弥生会計からfreeeに仕訳データを移行するという作業を行いました。

弥生会計を開き、帳簿・伝票から、仕訳日記帳を開きます。その状態で、[ファイル]→[エクスポート]をクリックします。☜freeeのヘルプページの丸写です。今回は横着ブログ。

ポップアップウィンドウで、書式を「汎用形式」、ファイル形式を「カンマ区切り(CSV)形式」とします。

freeeのヘルプページ完コピです。

このとき、拡張子(最後の3文字)がtxtとなっている場合は、csvにしておきます。本当にtxtになっていました。

あとは、freeeでインポートするだけ。

freeeで[決算](または[確定申告])→[振替伝票]にて、右上の[その他の機能]ボタンから[弥生会計仕訳インポート]をクリックします。

2019-05-08_17h06_30.PNG
freeeさん、ごめんなさい。完コピです。

あとは、色々とするんですけど、あっという間にインポートできました。

これで確定申告も簡単にできてしまいます(#^^#)

【まとめ】

使い勝手が良いのか悪いのか。freeeしか使っていないので分からないのですが・・・個人的には実ね便利ですね。

あとは償却資産の関係がなぁ・・・。

【編集後記】

今日は、松本税務署でコールセンター業務に従事します。

コメント