小規模企業共済を申し込む

小規模企業共済制度とは?

小規模企業共済制度とは

 

小規模企業個人事業主または会社等の役員が事業を廃止いた場合や役員を退任した場合等、第一線を退いたときの生活の安定あるいは事業の再検討を図るために、小規模企業者の相互扶助の精神に基づき、自ら資金を拠出して行われる制度で、小規模企業者の福祉の増進と小規模企業の振興に寄与することを目的としています。

中小機構の小規模企業共済のリンクを貼っておきます。

税制上のメリットは?

月々の掛金は1,000~70,000円まで500円単位で自由に設定が可能で、加入後も増額・減額できます。確定申告の際は、その全額を課税対象所得から控除できるため、高い節税効果があります。

デメリットは?

掛金納付月数が、240か月(20年)未満で任意解約をした場合は、掛金合計額を下回ります。

途中解約は元本を下回る可能性があるので、加入際は出口戦略も必要です。

最大にするためには240か月(20年) 結構長い期間の加入が必要です。

まとめ

あと、20年は税理士業務を続けるつもりで(20年たったら引退!?)加入しようと思います。

コメント