小規模企業共済って何?

確定申告書に「小規模企業共済掛金等控除」の欄がありますが、これ意外と知らない方多いんです。

もちろん、サラリーマンにはあまり関係のない制度なので知らない人が多いのかもしれません。

しかし、私のようにフリーランスの方には知っていただきたい制度の1つです。

詳細は中小機構のHPで確認してください。

小規模企業共済制度とは?


小規模企業共済制度は、国の機関である中小機構が運営する小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金制度です。

掛金は全額を所得控除できるので、高い節税効果があります。

小規模企業共済制度加入のメリットは?

そもそもこの制度は小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金制度です。

個人事業主などは退職金はありませんので、この制度を利用して事業廃止後のライフプランを構築できるのが最大のメリットです。

また、月々の掛金は1,000~70,000円まで500円単位で自由に設定が可能で、加入後も増額・減額できます。

確定申告の際は、その全額を課税対象所得から控除できるため、高い節税効果もメリットです。

現役時代は高い節税効果、リタイア後の安心とメリットの多い制度です。

事業廃止後の共済金の受け取り方法は?

共済金は、退職・廃業時に受け取り可能。

共済金の受け取り方は「一括」「分割」「一括と分割の併用」が可能です。

一括受取りの場合は退職所得扱いに、分割受取りの場合は、公的年金等の雑所得扱いとなり、税制メリットもあります。

まとめ

現役時代の節税効果も大切です。

しかし、これからの時代、リタイア後のライフプランを考えておく必要があります。

この制度は将来の安心をという意味で1つの選択肢といえます。

掛金も自由に設定できますので、途中で増額減額も可能です。

【編集後記】

昨日まで神戸にいました。

遊んでばかりで体が披露困憊です。

今日までしっかり休んで明日から仕事始めます。

コメント