家賃支援給付金について

先日、2020年度の第2次補正予算が成立しました。

この補正予算で家賃支援給付金が始まることになります。

具体的な申請方法につては、これからになると思いまうすが制度の概要を解説します。

家賃支援給付金とは

新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減 に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担と なっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対し て「家賃支援給付金」を支給します。

家賃支援給付金の支給対象者は?

中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5月~12月 において以下のいずれかに該当する方が対象となります。

①いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少

②連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減少

持続化給付金と対象月が異なりますので注意が必要です。

前年がない新設法人はどうなるのか・・・。

家賃支援給付金の給付額は?

申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額(月額)の 6倍(6カ月分)を支給。給付率・給付上限額は下図の通りです。

経済産業省HPより引用

【法人の場合】

支払家賃の2/3(上限50万円)+支払家賃75万円を超える部分の1/3(上限50万)

合計100万円の6か月分

【個人事業主の場合】

支払家賃の2/3(上限25万円)+支払家賃37.5万円を超える部分の1/3(上限25万)

合計50万円の6か月分

申請方法は?

令和2年6月14日現在、詳細については公表されていません。

まとめ

詳細が分かり次第、またブログでUPしたいと思います。

でも、持続化給付金同様、新設法人などは対象から漏れてしまうのかな?

【編集後記】

マジカチのLTで紹介されたtrello。

私にはまだ早いようです。

Google Todoで十分でした。

でも、いつかtrelloを使う日が、クライアント様に紹介する日がくるかも。

コメント