創業融資freeeを使ってみる

freeeには「創業融資freee」という無料のサービスがあります。

簡単に説明すると必要事項に沿って入力していくと「創業計画書が作成できる」というものです。

各金融機関などで融資を受ける際には必須となる創業計画書です。

全体の入力イメージは次のとおりです。

入力項目は大きく分けて9項目です。

  1. 創業の動機
  2. 経営者の略歴
  3. 取扱商品・サービス
  4. 取引先・取引関係等
  5. 従業員
  6. 借入の状況
  7. 必要な資金と調達方法
  8. 事業の見通し
  9. 自由記述欄

となっています。

全て入力が終わると事業計画書が確認できます。

金融機関によって若干フォーマットは違いますが、概ね同じです。

ちなみに八十二銀行の創業計画書は次のとおりです。

まだ、私自身が借入をしたことが無いのですが、これからちょっと設備投資をしたくて作成してみました。

事業を興す。ってやっぱり難しいですね。

すこしでも経験値をあげてクライアント様にお役に立ちたいと思います。

【編集後記】

熊本、鹿児島の豪雨が心配です。

コメント