初めての融資相談のため、銀行の窓口に行く。

Wikipediaより拝借

初めての融資相談に行く(住宅ローン除く)

税理士開業して1年9カ月。初めて八十二銀行の窓口の融資の相談に行っていきました。

もちろん自分で借りるためです。

税務調査の際には、背中に日の丸背負って「調査に来ました、支店長お願いします!」って言っていたのが懐かしです。

クライアント様と一緒に創業計画書を作成したことはありましたが、窓口には行かなかったのホント初めての融資窓口です。

とにかく緊張した!

嘘です。全く緊張しませんでした。

事前にアポを取っていたこと、ご担当者様から用意する資料を聞いていたのでスムーズに話ができました。

ちなみに事前に準備した書類は次の5点でした。

①税理士証②確定申告書2期分③創業計画書④見積書⑤7月2日現在の試算表です。

freeeで日々取引を入力しているので「タイムリーな試算表」が提出できたのは良かったです。銀行の担当者様も驚かれていました。freeeを使う強みです。

多くの融資制度に驚きです。

県や市に多くの融資制度があることに驚きでした。諸々条件があるようですが、皆さんこの辺りの融資を有効活用して企業を運営しているんだと、今更ながら気が付いたところです。

ご担当者様と色々お話をさせていただいて、また連絡がいただけるということで短い時間ではありましたが、貴重な体験ができました。

【編集後記】

次は法人の口座作成かな。

コメント