会社を設立するという覚悟

法人設立のハードルが低い

ひと昔前より、法人設立のハードルが随分低くなっている気がします。

その要因にfreeeやマネーフォワードなどクラウド会計系が安価で法人設立をサポートしてくれているということが挙げられます。

これ自体は決して悪い事ではなく、今まで手続きが煩雑だったものが簡単にできるのだから経営者にとっては有難いことです。

安易な法人設立が多い。

個人的な感想ですが税務署勤務時代から思う事があって「安易な法人設立が多い」ということです。

諸々の手続きを考えれば個人で事業主をしていた方が楽だと思います。

ところが、ある程度収入があり、多額の所得税を支払うようになると法人設立へと舵を切っていくのです。

キャッシュフローを考えると当然のことだと思うのですが、覚悟が足りない。

法人設立で煩雑化する手続き

人間誰しも良い面ばかりを捉えてしまいがちです。

今まで個人事業主であれば、何となく出来ていた確定申告も簡単には出来なくなります。

法人にすることで行政手続きも増加します。

法人設立にはメリットとデメリットが存在します。

年間、何人の経営者が決算書が作れなくて・・・税理士は報酬が高くて・・・と言って税務署に相談に来ていたことか。

こうやって税務署のいうところの「無申告法人」が増加していくのです。

持続化給付金申請で困る無申告法人

持続化給付金の申請の際には、法人税の確定申告書の写し等の提出が必要でした。

当然、無申告法人の場合は書類の提出ができません。

何件かお問い合わせで「持続化給付金の申請をしたいので、過去〇年分の申告書を至急作成してほしい」というものがありました。

これって、何か違いますよね。

まとめ

節税とか、信用力という摩訶不思議な法人設立というツール。

安易に設立するのではなく、メリット、デメリット、その他諸々考慮して設立してほしいものです。

【編集後記】

久しぶりに仕事をしていない週末を過ごしています。

幸せ(^^♪

コメント