令和2年から基礎控除が変わる

家族, サンセット, 女性, 子供, 父, 母, 保護, 子, 少年, 女の子

令和元年までの基礎控除

令和元年までの基礎控除は一律38万円でした。

令和2年分移行の基礎控除

令和2年分以降の基礎控除は48万円に引き上げられました。

ですが・・・。

基礎控除に所得要件が設けられたため満額48万円の控除を受けられる人は所得金額が2,400万円以下の人に限られます。

所得金額に応じて基礎控除の額が減少していきますが、所得金額が2,500万円を超えると基礎控除は0円になってしまいます。

出典:国税庁HPより

基礎控除が10万円増えたから税金は減る?

基礎控除が10万円増えたから税金は減る」と思いますが、実は給与所得者や公的年金の税額には基本的に影響はありません。

基礎控除が10万円引き上げられましたが、給与所得控除、公的年金等控除が10万円引き下げられました。

まとめ

基礎控除が10万円増、給与、年金控除が10万円減・・・結果プラスマイナス0ということです。

ここだけ見ると何にも変わらないと思いますが、実は色んな面を考慮しての税制改正なのです。

基礎控除が増えることによって個人事業主やその人を扶養する人は恩恵があります。

逆に高額所得者は基礎控除が減少しますので、納税額が増える結果になります。

全く影響がない人も多くいます。

まずは、基礎控除の額が38万円から48万円に変更になったんだなというお話でした。

【編集後記】

今日は雪です。

コメント