令和3年分確定申告特集準備編が公開される!!

令和3年分確定申告特集準備編が公開される!!

国税庁のHPに「令和3年分確定申告特集準備」が公開されました。私自身が使う事はおそらくないと思うのですが、元税務職員としてどこまで進化したのか確認してみようと思います。

令和3年分確定申告書作成コーナーから

  1. スマホ申告の対象範囲が増えます
  2. 給与の源泉徴収票をスマホで撮影・自動入力
  3. パソコンとスマホでe-Tax!マイナンバーカードをスマホで読み取り

なんだかワクワクする内容です。

スマホ申告の対象範囲に「特定口座年間取引報告書」「外国税額控除」「上場株式等の譲渡損失額(前年繰越分)」が対応予定とのこと、株式投資をしている方などには朗報です。

源泉徴収票のOCR機能追加されたようです。スマホのカメラを利用して「給与所得の源泉徴収票」を撮影することで、その記載内容を直接入力しなくても、確定申告書等作成コーナーの該当項目に自動入力することができるようになるそうです。OCRの読み取り能力がどれくらいなのか気になるところですが、自動入力は魅力的です。

パソコンで申告書を作成される方も、スマホのアプリ(マイナポータルアプリ)でパソコン上に表示された2次元バーコード(QRコード)を読み取れば、ICカードリーダライタを使用せず、マイナンバーカード方式によるe-Tax送信ができるようです。

ICカードリーダライタなんて、正直確定申告以外で使ったことないので、そのためにわざわざ購入するのは・・・と思っている方は助かりますね。 昨年購入した人は、なんでやねん!ってなりそうだけど。

まとめ

国税庁のHPで少しづつ令和3年分の確定申告関係の告知が増えてきました。今回の「令和3年分確定申告特集準備編」や「令和3年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ」などがUPされています。

もー確定申告の時期なんだなーと思いつつ、当事務所も徐々に仕事が増加しつつあります。

仕事に穴を空けないよう体調に気をつけて、これからの繁忙期を乗り切りたいと思います。

【編集後記】

遂に、長野県外の方の顧問契約を締結しました。限りなく長野県に近い長野県外の方ですが、いろんなお話をお聞きすることができ有意義な時間を過ごすことができました。

コメント