令和元年度 マルサのお仕事。

国税庁から平成元年度のマルサ状況が公表されました。

着手件数、処理件数、脱税額は減少傾向にあるようです。

プラスに考えると、悪いことをする人が減少していると考えることもできます。

マルサとは・・・?

国税局の査察部による強制調査によるものです。

査察制度とは

査察制度は、悪質な脱税者に対して刑事責任を追及し、その一罰百戒の効果を通じて、適正・公平な課税の実現と申告納税制度の維持に資することを目的としています。
国税査察官は、近年における経済取引の広域化、国際化及びICT化等による脱税の手段・方法の複雑・巧妙化など、経済社会情勢の変化に的確に対応し、悪質な脱税者に対して厳正な調査を実施しています。

私自身、国税局の勤務がありますが、査察の仕事を経験したことはありません。

ただ、聞く限り、とても大変なセクションで私には無理だなと感じていました。

強制調査の状況は

以下、国税庁HPからの引用です。

具体例

いくつかの事件の概要も公表されています。

  1. 架空の宝飾品輸出を装った消費税不正受還付事案を告発
  2. 競艇で得た多額の払戻金の無申告ほ脱事案を告発
  3. 芸能スタイリスト会社の単純無申告ほ脱事案を告発
  4. 国外財産調書不提出に係る罰則を初適用
  5. 海外法人を利用して法人税を免れた情報商材関連会社を告発
  6. 投資用不動産販売等の関連グループ5社を告発
  7. 福島原発の除染にからむ建設会社会社員による所得税事案を告発
  8. インターネット広告会社を告発
  9. 消費税還付コンサルにより多額の利益を得た税理士を告発
  10. 悪質な脱税者に実刑判決

2の競艇の事件は、新聞やネットで話題になったあの事件ですね。

9は問題外ですね。同じ税理士として許せません。

お金の隠し場所は?

これも2つ公表されました。

居宅内の和ダンスに作り込まれた隠し戸の中(法人税法違反)・・・これぞタンス預金!

個人名義で契約したレンタル収納スペース内のスーツケースの中(法人税法違反)

昔々、国税査察官の先輩に聞かれたことがあります。

査察官は必ず現預金を発見するんだと。なぜだかわかるか?と。

答えは・・・見つかるまで探すから

洗面台の裏側を壊して現金発見!庭に重機を持ってきて掘り返す!

実際にあったお話です。

まとめ

金額の多寡はありますが、悪いことをする人は後を絶たないです。

税金の使い方に問題があるのも事実。

クライアント様にそういった方はいませんが、適正申告をしたいものです。

国税庁HP:令和元年度 査察の概要

【編集後記】

昨日の検索トピックに「クラウド蓮舫」が入っていたのは(笑)でした。

内容は検索してください。

コメント