事業費決済用銀行口座を開設するという話

個人事業主やフリーランスになったら事業費決済用口座を作りましょう。今まで生活費として使用していた銀行口座とは別の口座です。

そうです。生活費決済口座と事業費決済口座を別にするということです。

なぜ事業費決済用銀行口座を開設するのかメリットをまとめてみました。

  1. 会計帳簿の作成が楽になる
  2. 税務調査の対策としてマスト

会計帳簿の作成が楽になる

フリーランス、個人事業主として独立したら、それはそれは多くの事を1人でやらなければなりません。

その1つが会計帳簿を記載するという作業ではないでしょうか?

そこで、事業に関係のある売上げ、仕入れ(経費)は事業費決済口座で全て行うようにすれば、もう悩まなくていいのです。

なぜなら、最近の会計ソフトは銀行口座と連携を行うことで自動で経理をしてくれます。(導入当初は少し作業が必要になります。)

当事務所で使用する「freee」の会計ソフトでは預金、クレカ、現金取引など全てSCVデータ化することで仕訳入力の自動化が可能になります。

「ちょっと、待ってくれよ。」

「うちは、家事用と事業費を区分しないといけない支払いがあるんだよ」

心配いりません。

その様な支払いも事業費決済口座で支払いましょう。

理由は簡単。会計ソフトで生活費と事業費の割合を入力することてで、自動的に処理してくれます。

生活費決済口座と事業費決済口座が同一であると・・・

この支払いは生活費?事業費?などといった場面が多くなります。一つ一つ中身を精査しながら会計帳簿に記載するのは大変です。

1取引ごと確認して伝票を書いてなんて、令和の時代では過去の作業です。

税務調査の対策としてマスト

事業をしているということは、フリーランス・個人事業主、1人社長の法人であっても税務調査という不安があるものです。

でも、安心してください

生活費決済口座と事業用決済口座を正しく分けていれば、税務調査もスムーズに進むことでしょう。もちろん関係資料の提示も必要ですが、税務職員から見たあなたの第一印象も格段に上がるはずです。

生活費決済口座と事業費決済口座が同一であると、私生活の部分まで税務職員に提示することになり取引履歴によっては、生活費なのか、事業費なのかあなたが説明をしなければなりません。

私もそうですが、私生活部分を調査されるのは気持ちの良いものではありません。

さらに、事業費決済用口座で正しく処理されていれば、その後の調査もスムーズに進むと思います。

事業費決済口座を作る難しさ

私も税理士事務所を開業してから事業費決済口座を作りました。

昨今の振り込め詐欺等の関係、また、マネーロンダリングの関係から口座1つ作るのにも苦労しました。

まず、何のために新規に口座を開設するのか。

税理士事務所の事業費決済用口座です。

何か確認できるものはありますか等々、詳細は省きますが基本1人1口座的な話を窓口の担当者様とさせていただきました。

最終的には口座を開設することはできたのですが、これから独立を考えられている方、サラリーマン時代に口座を開設することをお勧めします。

もう1つ。

事業で使用するクレジットカードもサラリーマン時代に作成しておくと良いかもしれませんね。

事業用クレジットカードがあれば積極的に支払いで利用しましょう。

現金で支払うより格段に会計帳簿への記載が楽になります。

まとめ

クラウド会計を積極的に利用し、会計帳簿への記載という作業を効率化してみませんか?

効率化してできた時間を、本来の事業に向けたほうがより良い結果が得られると思います。

当事務所でお手伝いができれば幸いです。

コメント