事業再構築補助金について

事業再構築補助金とは?

経済産業省のHPによると次のように記載があります。

本事業は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売上の回復が期待し難い中、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。
 また、事業再構築を通じて事業規模を拡大し、中小企業者等から中堅・大企業等に成長することや、中堅企業等が海外展開を強化し市場の新規開拓を行うことで高い成長率を実現することは特に重要であることから、本事業ではこれらを志向する企業をより一層強力に支援します。

今回のこの制度、令和2年度3次補正予算で、1兆1485億円が計上されています。

詳しくは経済産業省のHPで確認してください。

事業再構築補助金

主要申請要件は?

  1. 売上が減っている
  2. 新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編等に取り組む
  3. 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定する

freeeが開催した「事業再構築補助金に対応できる顧問先の事業再構築支援手法公開セミナー 」に参加してみた。

昨日、freeeが開催した「事業再構築補助金に対応できる顧問先の事業再構築支援手法公開セミナー」に参加しました。

制度の概略から少し細かい話まで約1時間30分のセミナーでしたが、率直な感想としては当事務所のクライアントでこの制度を適用できるところは無いかな。という感じでした。

基本、スタートアップ企業が多い事と、比較的コロナの影響が少ないという事が挙げられます。

また、主要要件の2つ目に挙げられている「新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編等に取り組む」という事よりも、今ある本業にしっかりと収益力を付けるという方が大事ではないかと思うからです。

まとめ

今回のfreeeのセミナーは外部の方でしたが、いち早く情報をインプットして私のような税理士に講師として説明してくださるのは、大変助かります。

今回は実務に直接活用できることはないと思われますが、関係省庁の支援等について常にアンテナを張って情報収集しないといけないなと痛感しました。

【編集後記】

今日は、新規のお客様との打ち合わせ、工務店の方と打ち合わせ(事務所建築)、そして夕方、お客様との打ち合わせ。

慌ただしい1日になりそうです。

コメント