マルチディスプレイの正しい使い方(オリンピック期間限定)

マルチディスプレイの正しい使い方・・・。

当事務所・・・というか私、普段はノートPCを使いながらヒューレットパッカードの24インチのディスプレイ2台を使用しています。

画面が3つあると何かと効率的に業務ができて助かります。

ただ、TOKYO2020の期間中はヒューレットパッカードのディスプレイ1台がオリンピックのライブ映像専用になっています。

ほんと、これがマルチディスプレイの正しい使い方です。完全にながら仕事です。

オリンピック開催前に5月決算法人の申告を終わらせ、月次のチェックをしながらオリンピック観戦。たまりません。

フリーランスだから・・・在宅勤務だから。

公務員だったら絶対昼間のライブ映像を見ることができなかった、在宅勤務じゃなかったら絶対昼間のライブ映像なんかみることができなかったはず。

別にオリンピックの放送が見たいから公務員辞めた訳じゃないけど、ほんと辞めて良かったと思った今日この頃。

8月8日までのオリンピックの期間は、オリンピックのライブ映像を見ながらの業務になります(^^♪

一押しはバドミントン

バドミントン, シャトル, スポーツ, バット, ラケット, レジャー, レクリエーション スポーツ, 再生

私の一押しはバドミントン🏸

シングルスもダブルスもメダルのチャンスがあるし、何よりあのシャトルのスピード感が堪らない。

実は昔、少しだけバドミントンをしていた時期があって、ドキドキしながらライブ映像を見ています。

そして、今夜は20:30からU-24のサッカーVSフランス代表戦。

毎日楽しい。

まとめ

結果、マルチディスプレイの正しい使い方はオリンピックのライブ映像を流すためにあるんです。

オリンピック開催そのものについは賛否両論ありますが、やっぱり闘っている選手は輝いています。

【編集後記】

暑い。暑い。毎日暑い。なんだか体が重いと感じるのは私だけでしょうか?

コメント