マイナポイントの仮登録してみた。

マイナポイントのHPより

マイナポイントって何?

キャッシュレスでチャージまたはお買い物をすると、マイナポイント25%(上限5,000円分)がもらえるという事業です。

申込期間は2020年7月~2021年3月末まで

取得期間は2020年9月~2021年3月末まで

STEP1 マイナンバーカードを取得する

マイナンバーカードはプラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。


本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけるものです。

市町村から郵送されたマイナンバーの通知カードをもって市町村の役所で申請しましょう。

STEP2  マイナポイントを予約する

マイナポイントの予約を行います。

この予約により「マイキーID」が設定されます。

この「マイキーID」が大切なようです。

なぜなら、マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る場合があるからです。

総務省の事業ですので、予算ありきというところです。

そして、2020年3月現在できることは、ここまでです。

STEP3 マイナポイントの申込

ここからは詳細がHPにないので分かりませんが、キャッシュレス決済サービスを1つ選択するようです。

STEP4 マイナポイントを取得する

申し込み時に選択した決済サービスでチャージまたは、購入すると決済事業者からポイントが付与されます。

STEP5 マイナポイントの利用

決済サービスでいつものお買い物に利用できます。

まとめ

この制度、今後の国会で予算案が成立することが前提です。

この制度を知らないと利用できません。

知っていると知らないで差が出るのは税法も同じですね。

クライアント様にを教えてあげないと。

詳しくはHPで確認してみてください。

参考:マイナンバーカードでマイナポイント

【編集後記】

自宅兼事務所のメリット:家賃等の固定費の支出が抑えられること。

自宅兼事務所のデメリット:来客時の対応に悩むこと。事務所としての機能が希薄なこと。

コメント