スタートアップ企業?ベンチャー企業?

最近、色んな場面で耳にする言葉。

ベンチャー企業

スタートアップ企業

経済産業省のHPに「ベンチャー企業向け支援情報」というサイトがあったり、ベンチャー企業が・・・スタートアップ企業が・・・という単語がいたるところできます。

ベンチャー企業って何?スタートアップ企業って何?

中小企業とは違うの?という疑問を調べてみました。

今回もウィキペディア様にお世話になります(^^♪

ベンチャー企業とは?

ベンチャーとは、企業として新規の事業へ取り組むことをいう。このような事業をベンチャービジネス(英:Venture Business)という。事業は新規に起業したベンチャー企業によって行われるものを指すことが多いが、既存の企業が新たに事業に取り組む場合も含む。

スタートアップ企業とは?

・・・ウィキペディア様になかった。

新しいビジネスモデルで急成長を目指す、市場開拓フェーズにあるベンチャー企業のことをいいます。これは、英語で、開始や始動、操業開始の会社などを意味する「startup」に由来し、元々は米国のシリコンバレーで用いられていた言葉で、昨今では、日本でもベンチャーキャピタル業界や転職業界などで用いられています。(出典:金融情報サイトFinance)

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違い

検索すると色んなサイトのブログがヒットします。

結論は、確固たる定義がないということが分かりました。

コロナの影響で様々な支援策が経済産業省のHPに公表されています。

ベンチャー企業とかスタートアップ企業とか中小企業とか書かれていますが、1つ1つの支援策について、ご自身の経営する企業が支援策の対象になるか確認することをお勧めします。

まとめ

普段、何気なく使っている言葉でもしっかりと意味を理解していないということを痛感しました。

クラアント様に説明する際に分かりやすく丁寧にと思っていても、分かりにくい言葉を使っていたり、専門用語を並べてみたりといった場面があり反省することがあります。

クライアント様の立場にたって説明をすることを心がけたいと思います。

【編集後記】

暑さは今日まででしょうか?

明日から数日は傘マークがでています。

コメント