サッカー4級審判員 資格更新する

美しいサッカーとは「公平・公正さ」である。

国税庁の使命にも似たようなフレーズがあったような気がする。

資格更新手続き

2020年度開催サッカー4級審判員更新講習会JFAラーニングを受講しました。

極論、誰でもなれるサッカー4級審判員。

しかし、資格を連年更新するためには登録料の支払いと研修の受講が義務付けられているのです。

ちなみに・・・

  • JFAラーニング受講料  ¥1,100
  • 日本サッカー協会登録料  ¥2,500
  • 地域サッカー協会登録料  ¥ 300
  • 都道府県サッカー協会登録料 ¥1,700

合計¥5,600の支払いが必要なのです。

資格更新講習会

講習会には、大きく分けて2つあります。

実地での講習会とe-ラーニングでの講習会です。

私の場合は、4級審判員を取得してからすべて後者のe-ラーニングで更新しています。

自宅でできること、空いた時間で受講できることなどからe-ラーニング での受講となります。

まとめ

来年度、この4級審判員の資格を使用する機会があるかは分かりませんが、とりあえず更新しておきました。

さて、問題はサッカーの指導者ライセンスC級の更新です。

こちらは有効期間が4年間あってその間に研修を受講していくのですが、全然研修時間が足りていないのです。

まっ、いいか。

コメント