クレジットの自動連携について

freeeの自動連携

会計freeeではクレジットカードと自動連携して取引明細を取得することが可能です。

連携する作業は必須ですが、自動連携をして自動登録ルールを設定しておけば入力作業が大幅に削減できます。

ただ、連携できる情報は「いつどこの店舗でいくら利用したのか。」といった情報です。

これから大変になる?

極論を言えば、中小企業や個人事業主で消費税が関係なければそれで十分です。

消費税の課税事業者はそう簡単にはいきません。

税率ごと区分経理が必要なので、厳密に処理するならクレジット利用時の明細を確認して区分経理をすることになります。

せっかく自動連携したのに、利用時の明細見ながら8%だの10%だのと確認する。

これって面倒ですよね。

クライアントに「お願いだからクレジットで8%の飲食料品を購入しないで!!」って言おうかな。

コンビニで飲食料品購入して8%でレジ袋が10%の区分とか、ほんと面倒くさいじゃないですか。

何かいい方法はないのか?

先日freeeのセミナーでこんなような話になって、クレジットのデータを税率ごと区分したものにすれば解決できるのでは?という意見がありました。

でも、それは世界基準のようなものがあって無理なのだとか?

クレジットの明細をスキャナで読み取って、freeeにアップロードして1件1件確認していく?

自動で取引と明細を紐づけとかしてくれたら、少しは楽かな?

まとめ

効率化という観点から真剣にいい方法を考えないとクライアントにも税理士にも負担が増加するだけ。

税理士同士でどっかで意見交換したいな。

【編集後記】

なんだかんだで1月も終わります。

件数は少ないのですが、確定申告期に突入です!!

コメント