エルゴノミックキーボード届く

流され易い性格なんで

先日参加したマジ価値ゲーミングマウス分科会#2俺のデスクを見ろ!に参加して、なんか新しいものが欲しいと思い、、、ついポチッと押したのがsurfaceの「エルゴノミックキーボード」。これが先ほど無事に届きました。

なんか、こういったイベントに参加するとすぐ購入しちゃうんですよね。いろんな物が増えていきます。そして色んな物が使いこなせなくて棚の奥に消えていきます。ひとり税理士なので誰かおさがりを使ってくれる人もいないんです。

意外とサイズが大きくて驚き!!

今まで安いBUFFALOのたぶん60%キーボードを使用していたので、エルゴノミックキーボードはサイズ感が大きく感じます。

設定自体はボタン1つで済むので難しいことはないのですが、やっぱりちょっと慣れるまでに時間が掛かりそうです。60%キーボードではコンパクトでそれぞれの距離感が近く(実際には同じかもしれない)感じていいましたが、エルゴノミックキーボードはちょっと遠くなった感じがします。

今日のブログはエルゴノミックキーボードを使用しての作成です。

種類が豊富なエルゴノミックキーボード

今回初めてエルゴノミックキーボードを購入したのですが、改めてショッピングサイトで「エルゴノミックキーボード」を検索してみると、意外と種類が豊富で驚きました。私に愛用しているPCがsurfaceのPCなのでsurfaceのエルゴノミックキーボードを購入しましたが、トラックボールの付いたものや分離型など「へー」と思うような商品がたくさんありました。

どれが自分に合うのか分かりませんが、とりあえずはsurfaceのエルゴノミックキーボードを使っていこうと思います。

微妙に違うのはなぜ?

さっそくエルゴノミックキーボードを使用して謎がありました。

Shift+0で「」閉じかっこのはずなのですが Shift+9で「」閉じかっこになります。1個ずれてます。なんか記号がちょっと位置ずれしてる感じですね。まっいいか。

慣れるまで時間が掛かるとは思うのですが、しばらくは辛抱して使ってみます。

【編集後記】

今朝は愛車「さなえ」のメンテナンスからスタートです。

コメント