「税理士報酬」支払いすぎていませんか?

「税理士報酬」支払いすぎていませんか?

ネットサーフィンをしていると某税理士にクライアントを紹介するサイトの「税理士報酬 支払いすぎていませんか?」という広告が目に入りイラっとしています。そもそも税理士報酬の相場なんてあってないようなものだと思っています。

確かに、「うわっ!!高い!!」と思う税理士もいますが、金額だけでは税理士事務所が提供するサービスの内容はわかりません。

高い報酬を支払っているのに何もしてくれない」という話を良く聞きますが、それってどうなんでしょうか?

鉛筆、消しゴムを売って、あの店より高いとか安いとかなら比較検討するのは理解できます。

税理士なんて、、、自分でなんてと書くのも何なんですが、税理士それぞれスキルや提供するサービスに違いがあって料金体系がバラバラなのは仕方のない事。安くて決算や確定申告だけして!!ってことならネット検索した方が安い税理士はたくさんいます。事実、お問い合わせいただき、見積書を提示したら、最安値の3倍と言われたこともあります。

信頼関係を築くことができたら報酬UPも可能

当事務所の報酬は、たぶん安い方だと思います。ひとり税理士なので事務員がいないこと、自宅兼事務所で固定費の負担が少ない事が大きな理由です。

でも、顧問報酬が安すぎると言って値上げしてくれたところもありました。

顧問報酬なんてそんなもんです。安くなればその分そのクライアントに対する時間も減少します。安さを求めるなら、それなりの覚悟も必要だと思います。

紹介会社を介すると手数料が発生する

クライアントを獲得する方法の1つとして紹介会社を経由するという方法があります。当事務所も開業当初は不安で利用していましたが、現在は利用していません。登録は残っていますが。。。

仮に契約できたとしても紹介会社に対して高額な手数料を支払う必要があること、契約後に長続きしないリスクがあること(前述の手数料分を回収できない)。

今となっては後悔する部分もあるのですが、いい勉強です。

本当に税理士報酬は高いのか?

決して高くはないと思う、というか寧ろ低いと思う。もっと顧問報酬を値上げして、税理士本人の儲けなんか別にどっちでも良くて、税理士事務所の職員の待遇をその分で改善できたら良いなと思います。

税理士に業務を依頼する人の多くは知らないと思うけど、会計業界は結構低賃金で残業が多くてブラックだと言われています。

我々が単価を上げて業界自体を盛り上げれば、若い税理士がもっと増えて税理士の平均年齢が下がる!?かも。

まとめ

17日に税理士試験の合格発表を控え、今後の税理士業界を考えながらネットサーフィンしていたら、ふと目にした「税理士報酬」支払いすぎていませんか?から発展したブログでした。

【編集後記】

やらなければならない仕事がたくさんあるのに、どこから手を付けて良いかわからず、、、半日を棒にふった水曜日の午後でした。

コメント